ぬらブロ

雑学やライフハックをみんなとシェアするブログ

【体験談】ギャンブル依存症。パチンコ依存症に陥った異常すぎる2年間

f:id:nurahikaru:20160607160313j:plain

この記事を読まれる機会が増えてきた。

パチンコで苦しい思いをしている人(した人)は、たくさんいるのだろう。


日本では、成人男性の約1割がギャンブル依存症と言われている。


他の国に比べてかなり多い。


最大の理由はパチンコだ。


駅前や大学の近くにパチンコ店があり、テレビで宣伝が流れる国。


日本人にとってパチンコは、身近なギャンブルになっている。


しかし、ギャンブル依存症やパチンコ依存症について理解をもっている人は少ない。


「パチンコにハマるのはクズだけだ」と依存者の人格を否定する者もいれば、「意志が弱いからだ」と精神面を理由にする人もいる。


僕は、パチンコ依存症を経験した人間として、伝えておきたい。


パチンコ依存症は病気だ


一般的にはもちろん、当事者さえもこの認識が甘い。


パチンコ依存症は中毒であり、病気である。自身の精神力だけでは、どうにもならない異常事態なのだ。


このブログがパチンコ依存症の理解を深めてもらうキッカケになるかわからないが、ボクがパチンコを打ち始め、パチンコ依存症になった二年間について書いていく。


パチンコの怖さや、依存症の異常性に少しでも関心を持ってもらいたい。

たった1度でハマったパチンコ

僕がパチンコを打ったキッカケは、友達だ。


元々、ゲームセンターのパチンコで遊んでおり、「いずれ本物も打ってみたいね」と話をしていた。


大学4年生の夏、満を持して友達と近くのパチンコ店に出向いた。


当時、アニメのエヴァンゲリオンにはまっていた僕は、最新だったエヴァの台に座り何がなんだか分からないうちに5000円を失った。


友達の様子を見に行くと、椅子の後ろにパチンコ玉の入った箱が1つある。


「あたりがキタ!!」と嬉しそうに状況を説明してくれた。


待っているだけではつまらないので、僕はコンビニでお金をおろし再びパチンコを打つことにした。


この後、人生初の「あたり」を体験する。


理解が追いつく前に玉がドバドバと出てきた。


最初は動揺したが、2回目、3回目とあたりが続くうちに落ち着き、手慣れていく。


パチンコの楽しさを体が覚えていく瞬間……


気が付けば箱1つがいっぱいになり、友達も打つのをやめたようなので、パチンコ店を出ることにした。


初めての換金。勝手がわからず、「お願いしまーす!」と大きな声を出すと、友達が人差し指を立てて、「 いいんだよ! 黙って受け取れば」とマナーのようなものを教えてくれた。


受け取った金額は3000円。トータルでは負けたことになるが、この時点で僕はパチンコの魅力に侵食されていた。


パチンコ店の前で友達と別れ自宅に戻る。パチンコを打ちたい衝動がズズッと湧き上がってきた。


感じたことのない欲求。性欲とも食欲とも違う。目が大きく開いて脳が激しく動いている(ように感じる)。


日が暮れた頃、パチンコ店に戻った。


Tシャツ・短パン・サンダル。ラフな格好でも入店できる雰囲気がある。周囲には、僕よりもダラしない格好をした人が沢山いるからだ。


先ほど勝った台に座り、覚えたての動作で玉を出す。


この日は、閉店まで打ち続けた。


途中から連チャンが止まらなくなり、何度も何度も綾波レイ*1の顔を拝んだ。


僕はパチンコにハマった。


初めて「あたり」を引いた瞬間から、「あたり」の快感を覚え、「あたり」への欲望を覚えた。


パチンコを打ち始めた1日目で、パチンコ依存症に侵されはじめていた。

パチンコ開始1週間で攻略詐欺に引っかかる

あの日以来、僕は毎日パチンコ台の前にいた。


学校は夏休み。アルバイトも2週間の休みをもらっていたので、欲求を遮るものは何もなかった。


開店(朝9時)から疲れるまで打ち、家に帰るとまた打ちたくなるのでコンビニでお金を引き出し、また打ちに行く。


店が閉店し家に帰ると、翌朝の開店が待ち遠しくて眠れない。毎晩、目が冴え、パチンコのことばかり考えていた。


ネットで情報を集める。演出やクギの読み方を勉強する。そんなことをしながら、夜明けを待つ。


朝が来れば軽く食事をし、パチンコ店に向かった。


…1週間が経った頃、家の郵便ポストに茶色い封筒が届いていた。


普通であれば真っ先にゴミ箱行きの郵便物。しかし、この時の僕には衝撃的な内容だった。


「パチンコで確実に勝てる方法教えます(無料)」


正確な文章は覚えていないが、パチンコの攻略方法を無料で教えてくれるという内容だった。


パチンコで100%勝てる方法を無料で教える。


正常な判断力を持っていれば、「そんなものあるわけない」と思うところだが、当時の僕は異常だったのか、世間知らずだったのか、これまでの人生で発揮したことのない行動力で書かれている番号に電話を掛けた。


ここから攻略詐欺に引っかかっていくことになる。


パチンコ詐欺に関することは、以下の記事で詳しく書いている。


僕はパチンコ攻略詐欺で60万円の借金を背負った。必要ではないキャッシュカードを3枚作らされた。


初月から返済できず某金融業者に、「少し待ってもらえませんか?」と電話もした。


詐欺にあったことを両親には話せなかったが、クレジットカードの請求金額が異常な数字(15万ほど)だったこともあり、気が付いて連絡をしてきてくれた。


そこでも僕は、「サークルで一時的に使っただけだから、すぐに返ってくる」と誤魔化すことをした。


嘘は数日で見破られ、両親が一人暮らしの部屋にやってきた。


詐欺にあったことだけを話し、パチンコ攻略詐欺であることやパチンコを打っている事実は隠し続けた。


借金は両親や祖父母の助けで返済することができ、父親からは、「高い授業料だと思うしかない」と励まされた。


しかし、パチンコはやめられなかった。


学校をサボってパチンコに行く日々

パチンコを打ち始めてからの数か月で、様々な知識が身についてきた。


台のスペック、釘の読み方、店の選び方、玉の打ち方・・・


最初に行った古びたパチンコ店には行かなくなり、少し遠くにある綺麗な店にバイクで通うようになった。


ここにある少し古い機種が勝ちやすいことに気が付いたからだ。


店内でも端の方に追いやられた時代遅れの機種。打つ人は誰もいない。ボクは毎日この台を打ち、1か月でトータル数万円勝っていた。


友達の誘いも断り、パチンコ店に入り浸る日々。


何人かの友人は、僕がパチンコに悪ハマりしていると気づいていたらしいが気にはならない。


最大の問題は、僕が学生で、授業を受講する立場にあったことだ。


夏休みが終わり授業が始まっても、パチンコを打ちたい気持ちを抑えられなかった。


授業をサボり、開店直後からパチンコを打つ日もあった。


結果、留年することになる・・・


パチンコを打つ前から授業への出席は安定していなかったが、少し頑張れば問題なく卒業できるレベルだった。


しかし、大学を卒業することよりもパチンコで勝つか負けるかの人生の方が有意義だ! と当時の僕は思っていた。


パチンコで生きていけるのではないか? という根拠のない希望も本気で抱いていた。

実家に戻っても止められないパチンコ

留年が決定し、実家に戻ることになった。授業数は少ない。実家から約2時間半かけて週2回大学に通うことになった。


ここでも、僕はパチンコの誘惑に飲み込まれてしまう。


最寄駅から大学に向かうまでの交通費は親が出してくれていた。僕はそのお金を握りしめて大学へ…行くはずが、パチンコ店に向かった。


手持ちのお金が無くなったら(つまり負けたら)授業が終わって家に帰る時間まで暇をつぶした。公園で読書をしたり、パチンコ店の休憩所で居眠りをしたり。


パチンコ依存症の僕は、人から貰ったお金でも平気でパチンコに使う。


お金に対する価値観が普通ではない(今思えば)。


当時の僕は、「依存症だ」なんて思ってもいなかったが、今考えると相当に頭がイカれている。


結局、半年間の留年でも卒業することができず、大学を中退することにした。大学卒業という現代日本において貴重な資格よりも、パチンコを打つ生活を選んだのだ。

借金をしてまでパチンコを打つようになる

f:id:nurahikaru:20160607160317j:plain

パチンコを打つためには必ず、お金が必要だ。0円でパチンコを打つことはできない。


当時、大学を中退し何もせずニートをしていた僕は、パチンコを打つためのお金が底をついてしまった。


「何とかしてお金を作れないものか?」と考え、絞り出した答えが……


パチンコ攻略詐欺に遭ったとき、作らされたキャッシュカード。そのうちの1社を使って借金をしよう。


自ら借金をしてパチンコを打つ。


迷いはなかった。何とかなると思っていた。勝てば返せると本気で思っていた。


近くのコンビニで借金をし、パチンコを打ちに行った。


この時のことはよく覚えている。ビックリするくらいあっさりと負けたからだ。


内臓の奥が痺れるような痛みを感じた。背中が汗で湿った。パチンコ店が台の「あたり」をコントロールして、ボクの台だけ「あたり」が出ないようにしているのではないかと疑い周囲を見渡した。


翌日も、それ以降も、僕はカードを使って借金をし、パチンコを打ちに行っている。


結果的に10万円の借金をした。月々5000円の返済。返しては借り、返しては借りを繰り返した。


詐欺で作った借金を親や祖父母の助けで返済したにもかかわらず、自らの意志で借金を繰り返した。


罪悪感はなかった。


この借金を完済できるのは、パチンコをやめて3年後になる。

親の金を盗んでパチンコを打つようになる

借金をしようにも借り入れ上限額に達してしまい、本当にパチンコを打つお金が尽きてしまった。


僕は、実家の家計からお金を抜き取るようになる。


パチンコを打つための最終手段だった。


さすがに罪悪感を覚えたが、「勝って返せばいい」と自分に言い聞かせ、数千円を抜き取ってパチンコに出かけた。


負け続けているにもかかわらず、「今日は勝てる」という感覚が付きまとうのも、依存症の特徴だ。


借金をした時も、お金を抜き取った時も、「勝って返せばいい」という思いが躊躇いを一蹴している。パチンコで勝ったことなんて、実際は1度もないのだが・・・


その日は偶然、勝ってお店を出ることができた。


しかし、抜き取ったお金を返すことはなかった。


勝ったお金は明日の軍資金になる。もっと勝って、余裕が生まれた時に返せばいい。


そう考えて、翌日もパチンコ店に向かう。昨日の勝ち分はなかったことになるわけだ…


母親から、「お金使った?」と言われても、「ちょっと借りた」と言って誤魔化すようにした。返したことは1度もない。


妹が短大の入学祝で貰った10万円から3万円ほど抜き取ったこともある。家族から問い詰められることはなかったが、絶対にバレていただろう。


家のお金をパチンコに使っていたなんて笑えない話だが、パチンコ依存症に悩んでいる方々には、このような人が多いと聞く。


家族がいて、子供もいるのに、生活費をパチンコに費やしてしまう人もいる。


生活費がどうなろうと、悪いことだと理解していようと、家族に迷惑がかかろうと、パチンコを打ちたくて仕方ないのがパチンコ依存症という病気なのだ。

パチンコを打つ目的は勝つことではない

パチンコを打つ以上、「勝ちたい」とは思っている。しかし、依存症の人間がパチンコを打つ本当の理由は違う。


「快感」だ。


「儲けたい」「おもしろい」という理由は全部、嘘。


パチンコ依存症だった頃、勝っても嬉しくはなかった。おもしろいと感じることもなかった。15万以上勝った時も、「楽しい」とは感じなかった。


むしろ、連チャンが止まってホッとするくらいだ。「疲れたな。早く終わらないかな」と思いながら台を眺めていた。


面白くもない、勝っても嬉しくない、負ければもっと面白くない。じゃあ、なぜパチンコを打つのか?


当たった時の"快感"が忘れられないからだ。


演出によって期待を煽っていく。気持ちが集中する、画面をジッと見つめる。当たるかも…当たるかもしれない…当たりそうだ…これは当たるぞ…当たってくれ…当たれ…こいっ!! 焦らされて焦らされて大きな音が鳴り「あたり」が来る。最高の快感だ。


この快感を求めて、パチンコ依存症の人たちは無心でレバーを回している。「演出が良い」「儲けたい」そんなものはパチンコに依存する本当の理由ではない。


快感を味わいたい。


中毒なのだ。

パチンコをやめるキッカケ

パチンコを初めて1年が過ぎたころ、僕は収支表をつけ始めている。大学を中退したばかりで、毎日がパチンコ漬けになっていた時期だ。


f:id:nurahikaru:20160607160422j:plain
▲手持ちのお金、パチンコでの収支、その他の出費を書いただけのシンプルな収支表。


「パチンコで食べていこう」と真剣に考えていた。収支表をつけることでプロになったつもりでいた。


8月31日から始まり、日雇いのバイトとパチンコで少しずつお金を増やしている。


初日は7294円しかなかったお金が、10月の半ばには約20万円になった。ほとんどパチンコで稼いだお金だ。


しかし、12月の初旬には4354円にまで落ち込んでいる。


全てパチンコで失った。


パチンコには『ボーダー理論』と呼ばれる勝利の方程式がある。1000円で○○回転以上する台を打ち続けていれば必ず勝てる、という確率論だ。これを徹底することができれば、パチンコに勝つことも理論上は可能になる。


僕にはそれができなかった。疲れたら止めるし、飽きても止める。


パチンコを打ちたい。パチンコを打たずにはいられない。好きなようにパチンコを打って勝ちたい。これが僕の本音だった。


勝てるわけがない。


パチンコで稼いだお金はスグに無くなった。借金も上限額に達している。抜き取っていた家のお金は、僕の知らない場所に隠されてしまった。


ここで初めて、「パチンコをやめよう」と本気で考え始る。

パチンコの誘惑と戦う日々

大学を中退して、定職に就かないニートの日々は、パチンコを止めるのに最適だった。


僕はとにかく家に引き込もり、欲求に耐えた。


朝起きて、パチンコを打ちたいと思ったら、枕カバーに噛みついて我慢をした。


夜はウズウズして体が落ち着かない。そういう時は無理に寝ようとせず、ゲームで気を紛らわした。朝になれば眠くなるので、パチンコに行く気も失せる。


新聞を開けば、パチンコ店の広告が入っている。これすらも辛い誘惑だったが、思いっきり破り捨てることで心を落ち着かせた(これは結構、効果があると思う)。


僕はパチンコ店に行くときはバイクに乗っていたのだが、冬になると防寒対策が必要になる。ハッキリ言って面倒くさい。この面倒くささも誘惑を抑え込む壁になった。


季節が冬だったこと、パチンコ店が近くになかったこと、ニートだったこと。様々な要素が絡み合い、自身をパチンコから隔離することができた。


1か月…2か月…打たない期間が続くと、朝起きて枕カバーを噛むこともなくなり、パチンコが打ちたくて眠れない夜も少なくなっていった。

パチンコの誘惑がなくなったわけではない

パチンコを打ちたい気持ちが落ち着いた頃、僕はアルバイトを始めた。


職場にはパチンコの話をする人もいたが、話に加わることはあっても一緒にパチンコを打ちに行くことはなかった。


とはいえ、パチンコを打ちたい欲求が無いわけではない。瓶に蓋をしてあるだけで、1度でも蓋を開ければ欲求はあふれ出てしまう。


実は、このエントリーを書いている現在も、パチンコを打ちたい気持ちが少しだけ湧いてきている。
やめてから4年が経ち、パチンコを恨んでいる今ですら、「打ちたい」と思っているのだ。


この欲求が消えることはないだろう。一度覚えてしまった快感を忘れることはできない。


もし、1度でもパチンコを打ってしまったら、僕はどうなるかわからない。だからこそ、絶対にパチンコを打たない。

パチンコ依存の2年間で失ったもの

僕は21歳の夏から23歳の冬までパチンコを打ち続けた。人生の1割にも満たない期間だが、失ったものは多い。


まず、お金を失った


詐欺被害に遭った60万円はもちろん、パチンコでの負け額は100万円を越えているだろう。


親からの信用を失った


特に父親は「契約」という言葉に敏感になった。「それは、ヤクザじゃないのか?」と。ボクが何かと契約する=詐欺=ヤクザ、という思い込みが父の中にはあるらしい。


未だに、僕が何かをしようとすると「騙されていないか?」と心配をされる。


友達を失った


僕はパチンコ詐欺にあった事実を、大学時代の友達にだけは話したのだが、信頼して話したにも関わらず、彼らから、「クズ」「ゴミ」と罵られるようになった。学生時代の4年間を共に過ごした仲間と、今ではもう一切の交流はない。


彼女を失った


20歳の時から付き合っていた彼女も、パチンコが原因で別れることになった。パチンコのことは隠していたが、不自然なくらいに金欠だったこと、彼女との時間よりもパチンコを優先していたことで愛想を尽かされてしまった。


自由を失った


大学4年の卒業旅行(ボクは卒業していないけど)も金欠が理由で行くことができなかった。思えば、パチンコを打ち始めてから思いきり遊んだ記憶がほとんどない。時間とお金をパチンコに費やしているのだから当然だ。


お金、信頼、友達、彼女。2年にも満たない期間で多くのものを失った。大学を卒業できなかったので、学歴も失った。


これがパチンコだ。


快感を得る代わりに、多くのモノを犠牲にする。


犠牲を払ってでも得ようとしてしまうのが、「快感」の恐ろしいところだ。

パチンコ依存症をあきらめない

今の僕がパチンコ依存症の人たちに言えることは、「パチンコ依存症の克服を諦めないで欲しい」ということだ。パチンコは自分の人生にとってマイナスでしかない。パチンコは幸せを少しずつ奪っていく。


依存症の克服は難しい。決意や意志の強さだけでは圧倒的に足りない。


冒頭でも言った通り、依存症は病気だ。自力で克服するのは不可能だ。僕は、運が良かった。もしかしたら、そこまで深刻ではなかったのかもしれない。


ただ1つ、ハッキリと言えることは、パチンコをやめることができて満足しているということだ。


パチンコ依存症は病気だと理解し、克服するためには何でもする勇気を持ってもらいたい。できれば、信頼する誰かに話をして、一緒になってパチンコを止める努力をしてもらいたい。


パチンコ依存症の克服を助ける専門機関、施設もある。足を運ぶのも、依存症を克服する近道だ。


パチンコ依存症は身近な人に相談しにくい。一人で悩み、泥沼に入り込んでしまう。もし、誰かに相談できれば、少しでもパチンコに向かう足を止めることができるかもしれない。


例えば、このブログのコメント欄でも、パチンコ依存症の悩みをぜひ吐き出してほしい。ボクでは適切なアドバイスをすることはできないが、誰かに悩みを話すことで、今日だけでもパチンコの欲求に打ち勝つことができるかもしれない。


少なくとも僕は、アナタの理解者だ。同じ体験をしている。決して、あなたを貶したり、馬鹿にしたりはしない。


パチンコ依存症は克服できる。いや、克服しなければならない。家族や、未来のあなた自身の為に、パチンコに侵され続けたままではいけない。


もし、このエントリーを読んでくれた"パチンコ依存症ではない方"には、少しでも依存症について理解していただき、助けられる人を助けてあげてほしい。


誰かが相談をしてきたら、見下したり貶したり罵ったりすることなく、「克服したい」という意思を尊重して協力してあげて欲しい。


僕はまだ勉強中だが、いつかパチンコ依存症に悩む方々を救えるよう、知識を身に着ける努力をしている。一人でも多くの人をパチンコの地獄から救い出したいのだ。

*1:エヴァンゲリオンに登場するヒロイン