ぬらブロ

ダメなオトナの雑記ブログ(ライフハック)

【体験談】ギャンブル依存症。パチンコ依存症に陥った異常すぎる2年間

f:id:nurahikaru:20160607160313j:plain

近頃、コチラの記事を読まれる機会が増えてきた。


パチンコで苦しい思いをしている人(した人)は、たくさんいるようだ。


日本では、成人男性の約1割がギャンブル依存症と言われている。


当然、他の国に比べて高い。


最大の理由はパチンコ。いたるところにパチンコ店があり、テレビで宣伝が流れる国。日本人にとってパチンコは、身近すぎるギャンブルなのだ。


しかし、ギャンブル依存症やパチンコ依存症について理解している人は少ない。


「パチンコにハマるのはクズだけだ」と依存者の人格を否定する人もいれば、「意志が弱いからだ」と精神力を理由にする人もいる。


僕は、パチンコ依存症を経験した人間として、これだけは伝えておきたい。


パチンコ依存症は病気だ


一般的にも、パチンコ依存症に苦しむ当事者さえも、この認識が甘い。


パチンコ依存症は中毒であり、病気である。自身の精神力だけでは、どうにもならない異常事態なのだ。


パチンコ依存症の理解を深めてもらうキッカケになるかわからないが、今回、ボクがパチンコを打ち始め、パチンコ依存症になった二年間について書いていく。


パチンコの怖さや、依存症の異常性について少しでも関心を持ってもらいたい。

たった1度でハマったパチンコ

僕がパチンコを打ったキッカケは、友達だ。


元々、ゲームセンターのパチンコで遊んでおり、「いずれ本物も打ってみたいね」と話していた。


大学4年生の夏、満を持して、友達と近くのパチンコ店に出向いた。


当時、アニメのエヴァンゲリオンにはまっていた僕は、最新だったエヴァの台に座った。


当たらない・・・


あっという間に、財布の5000円がなくなった。


友達の様子を伺うと、椅子の後ろにパチンコ玉の入った箱ができている。


何度か当たりが来たらしく、嬉しそうに、その瞬間の状況を説明してくれた。


うらやましい・・・


待っているだけではつまらないので、近くのコンビニでお金をおろし、再びパチンコを打つことにする。


台は同じエヴァンゲリオンだが、先ほどよりも古い機種で、確率も1/99と書かれていた。『甘デジ』と呼ばれ、普通の台よりも高確率で当たりがくる機種だ。


僕はこれで、人生初の「あたり」を体験する。よく分からないうちに、玉がドバドバと出てきた。最初は動揺したが、2回目、3回目とあたりが来るたびに手慣れていく。


パチンコの楽しさを体が覚えていく瞬間だ。


気が付けば箱が一杯になり、友達も打つのをやめたようなので、パチンコ店を出ることにした。


初めて、換金を体験する。勝手がわからず、「お願いしまーす!」と大きな声を出すと、友達が人差し指を鼻にあてて、「シーッ! いいんだよ! 黙って受け取れば」とマナーみたいなことを教えてくれた。


受け取った金額は3000円。トータルでは負けていたが、この時すでに、僕はパチンコの魅力に憑りつかれていたのだろう。


パチンコ店の前で友達と別れ、自宅に戻ると、パチンコを打ちたい衝動が体の奥から湧き上がってきた。


抑えられない・・・ 当たったときの感覚が忘れられない・・・


実際は損をしているのに、そのことはすっかり忘れていた。


日が暮れた頃、半袖、短パン、サンダルでパチンコ店に戻った。ラフな格好でも入店できる雰囲気がある。周囲には、僕よりもみっともない格好をした人が沢山いるからだ。


先ほど勝ったエヴァの台に座り、覚えたての動作で玉を出す。


結局、この日は閉店まで打ち続けた。


途中から連チャンが止まらなくなり、何度も何度も綾波レイ*1の顔を拝んだ。


この日、トータルでの勝ちは数千円だったが、パチンコにハマるには十分な結果となった。


おそらく、負けても勝ってもハマっていただろう。初めて「あたり」を引いた瞬間から、パチンコの毒は僕の体を侵し始めていた。

パチンコ開始1週間で攻略詐欺に引っかかる

あの日から、僕は毎日、パチンコ台の前にいた。


偶然、アルバイトも2週間の休みをもらっていたので、欲求を遮るものは何もなかったのだ。


開店から疲れるまで打ち(パチンコを打つのは意外と疲れる)、家に帰るとまた打ちたくなるので、お金をおろして打ちに行く。店が閉店すると、翌朝の開店が待ち遠しくて眠れない。ネットで情報を集め、演出やクギの読み方を勉強した。


1週間経った頃、家の郵便ポストに茶色い封筒が届く。


普通であれば真っ先にゴミ箱行きだった郵便物に、僕は食いついた、いや、喰らいついた。


「パチンコで確実に勝てる方法教えます(無料)」


正確な文章は覚えていないが、パチンコの攻略方法を無料で教えてくれるという内容だ。


パチンコに勝てれば、簡単に儲けることができる。それを無料で教えてあげよう。


絵にかいたようなトラップである。


しかし、人生経験が浅すぎたのか、パチンコの打ち過ぎでおかしくなっていたのか、かつて発揮したこともない行動力で、書かれている番号に電話を掛けた。


パチンコ詐欺に関することは、以下の記事で詳しく書いている。


僕はパチンコ詐欺で60万円の借金を背負った。キャッシュカードは3枚作らされた。初月から返済できず、「少し待ってもらえませんか?」と電話もした。


詐欺にあったことを、両親には話せなかったが、クレジットカードの請求金額が異常な数字(15万ほど)だったこともあり、異常に気が付いて連絡をしてきてくれた。


そこでも僕は、「サークルで一時的に使っただけだから、すぐに返ってくる」と誤魔化したのだ。嘘は数日で見破られ、両親が一人暮らしの部屋にやってきた。


詐欺にあったことだけを話し、パチンコ攻略詐欺であることやパチンコを打っている事実は話隠し続けた。


借金は、両親や祖父母の助けで返済することができ、父親からは、「高い授業料だと思うしかない」と励まされた。


しかし、パチンコはやめられなかった。

学校をサボってパチンコに行く日々

パチンコを打ち始めてからの数か月で、様々な知識が身についてきた。


台のスペック、釘の読み方、店の選び方、玉の打ち方・・・


最初に行った古びたパチンコ店には行かなくなり、少し遠くにある綺麗な店にバイクで通うようになった。ここにある少し古い機種(北斗の拳)が勝ちやすいことに気が付いたのだ。


店内でも端の方に追いやられた時代遅れの機種を打つ人は誰もいない。ボクは毎日、この台を打ち、1か月程、トータルで数千円勝っていた。


友達と打ちに行くのは好きではない。僕には独自の立ち回りがあり、友達が一緒だと動きにくいからだ。


友達の誘いもほとんど断り、1人でパチンコ店に通い続けた。


何人かの人間は、僕がパチンコに悪ハマりしていると気づいており、陰でコソコソ言っていたらしいが、気にはならない。


最大の問題は、僕が学生で、授業を受講する立場にあったことだ。


夏休みが終わり、授業が始まっても、パチンコを打ちたい気持ちを抑えられない。


授業をサボり、開店直後からパチンコを打つ日もあった。


結果、留年することになる・・・


パチンコを打つ前から授業への出席は安定しなかったが、少し頑張れば問題なく卒業できるレベルだった。


当時の僕は、大学を卒業することよりも、パチンコで勝つか負けるかの人生の方が有意義だとすら思っていたのだから、もはや救いようがない。


パチンコは絶対正義!!


パチンコで生きていけるのではないか? という根拠のない希望も抱いていた。

実家に戻っても止められないパチンコ

留年が決定し、実家に戻ることになった。授業数も少ないので、週2回だけ大学に通うことになる。


しかし、ここでも僕はパチンコの誘惑に飲み込まれてしまう。


最寄駅から大学に向かうには、東京方面の電車に乗らなければならない。僕は、逆方向の電車に乗り、隣の駅に行く。


そこで、パチンコを打つのだ。


手持ちのお金が無くなったら、授業が終わって家に帰る時間まで暇をつぶした。公園で読書をしたり、パチンコ店の休憩所で居眠りをした。


アルバイトなどはしていなかったので、親から大学までの交通費をもらっていたのだが、それもすべてパチンコ代になった。


パチンコ依存症の人間は、人から貰ったお金を平気でパチンコに使う。


この時の僕は、自分が依存症だなんて思ってもいなかったのだから、今考えると相当に頭がイカれていた。


結局、半年間の留年でも卒業することができず、大学を中退することにした。大学卒業という現代日本において貴重な資格よりも、パチンコを選び続けたのだ。

借金をしてまでパチンコを打つようになる

f:id:nurahikaru:20160607160317j:plain

パチンコを打つためには必ず、お金が必要だ。0円でパチンコを打つことはできない。


ある日、パチンコを打つためのお金が底をついてしまった。


「まだ、パチンコは打ちたい」「何とかしてお金を作れないものか?」と考え、まだお金が残っていることを思い出した。


パチンコ攻略詐欺に遭ったとき、作らされたキャッシュカードがある。そのうちの1社を使って借金をしよう。


迷いはなかった。何とかなると思っていた。パチンコで勝てば返せると本気で思っていた。


近くのコンビニで借金をし、パチンコを打ちに行った。


この時のことはよく覚えている。ビックリするくらいあっさりと負けたのだ。


内臓の奥で痺れる痛みを感じた。背中が汗でびっしょりになった。パチンコ店が台の「あたり」をコントロールして、ボクの台だけ「あたり」が出ないようにしているのではないかと疑った。


翌日も、それ以降も、僕はカードを使ってお金を借り、パチンコを打ちに行っている。


結果的に、10万円の借金をした。月々5000円の返済。返しては借り、返しては借りを繰り返した。


詐欺で作った借金を、親や祖父母の助けで返済したにもかかわらず、自らの意志で借金を繰り返した。


最悪感はなかった。


この借金を完済したのは、パチンコをやめて3年が経ってからだ。

親の金を盗んでパチンコを打つようになる

いよいよ僕は、パチンコを打つお金が尽きてしまった。


借金をしようにも、上限額に達してしまったのだ。


最後の手段として、実家の家計からお金を抜き取るようになった。


さすがに罪悪感を覚えたが、「勝って返せばいい」と自分に言い聞かせ、数千円を抜き取ってパチンコに出かけた。


負け続けているにもかかわらず、「今日は勝てる」という感覚が付きまとうのも、依存症の特徴だ。


借金をした時も、お金を抜き取った時も、「勝って返せばいい」という思いが躊躇いを一蹴している。パチンコで勝ったことなんて、実際は1度もないのに・・・


その日は偶然、プラス収支でお店を出ることができた。


しかし、抜き取ったお金を返すことはなかった。


勝ったお金は明日の軍資金になる。もっと勝って、余裕が生まれた時に返せばいい。


こんなことを考えながら、翌日もパチンコ店に向かう。昨日の勝ち分はなかったことになる・・・


母親から、「お金使った?」と言われても、「ちょっと借りた」と言って誤魔化すようにした。返したことは1度もない。


妹が短大の入学祝で貰った10万円から3万円ほど抜き取ったこともある。家族から問い詰められることはなかったが、絶対にバレていただろう。


家のお金をパチンコに使っていたなんて笑えない話だが、パチンコ依存症に悩んでいる方々には、このような人が多いと聞く。


家族がいて、子供もいるのに、生活費をパチンコに費やしてしまう人もいるだろう。


生活費がどうなろうと、悪いことだと理解していようと、家族に迷惑がかかろうと、パチンコを打ちたくて仕方ないのがパチンコ依存症という病気なのだ。

パチンコを打つ目的は勝つことではない

パチンコを打つ以上、「勝ちたい」とは思っている。しかし、依存症の人間がパチンコを打つ本当の理由は違うところにある。


「快感」だ。


「儲けたい」「(演出が)おもしろい」という理由は全部、嘘。


パチンコ依存症だった頃は、パチンコで勝っても嬉しくはなかったし、おもしろいと感じることもなかった。15万以上勝った時も、楽しいとは感じなかった。


むしろ、連チャンが止まってホッとするくらいだ。「疲れたな。早く終わらないかな」と思いながら台を眺めていた。


面白くもない、勝っても嬉しくない、負ければもっと面白くない。じゃあ、なぜパチンコを打つのか?


当たった時の快感が忘れられないからだ。


期待と不安が入り混じった緊張が演出によって高められていく。この状態で、「あたり」が来た瞬間は最高の快感だ。


この快感を欲して、パチンコ依存症の人たちは無心でレバーを回している。演出が良い、儲けたい、そんなものはパチンコを打つ本当の理由ではない。


とにかく快感を味わいたい。


まさしく中毒なのだ。

パチンコをやめるキッカケ

パチンコを初めて1年が過ぎたころ、僕は収支表をつけ始めている。大学を中退したばかりで、毎日がパチンコ漬けになっていた時期だ。


f:id:nurahikaru:20160607160422j:plain
▲手持ちのお金、パチンコでの収支、その他の出費を書いただけのシンプルな収支表。


パチンコで食べていこう、と真剣に考えていた。収支表をつけることでプロになったつもりでいた。


8月31日から始まり、日雇いのバイトとパチンコで少しずつお金を増やしている。面白いことに、初日は7294円しかなかったお金が、10月の半ばには約20万円になっている。これはほとんどパチンコで稼いだお金だ。しかし、12月の初旬には4354円にまで落ち込んでいる。


全てパチンコで失った。


パチンコには、『ボーダー理論』と呼ばれる、勝利の方程式がある。1000円で○○回転以上する台を打ち続けていれば必ず勝てる、という確率論的な考えだ。これを徹底することができればパチンコに勝つことも、理論上は可能になる。


僕にはそれができなかった。パチンコで勝つことよりも、パチンコを打ちたい欲求を満たすことの方が優先だったからだ。


パチンコを打ちたい。パチンコを打たずにはいられない。好きなようにパチンコを打って勝ちたい。これが僕の本音だった。勝てるわけがない。


パチンコで稼いだお金はスグに無くなった。借金も上限額に達している。抜き取っていた家のお金は、どこかへ隠されてしまった。


ここで初めて、「パチンコをやめよう」と本気で考え始る。

パチンコの誘惑と戦う日々

大学を中退して、定職に就かないニートの日々は、パチンコを止めるのに最適だった。


僕は、とにかく家に引き込もり、欲求に耐えた。


朝起きて、パチンコを打ちたいと思ったら、枕カバーに噛みついて我慢した。


夜はウズウズして体が落ち着かない。そういう時は、無理に寝ようとせず、ゲームで気を紛らわした。朝になれば眠くなるのでパチンコに行く気も失せる。


新聞を開けば、パチンコ店の広告が入っている。とてつもない誘惑だったが、思いっきり破り捨てることで心を落ち着かせた。


これは、本気で効果があったと思う。誘惑を破り捨てる動作によって開き直ることができた。


僕はパチンコ店に行くときはバイクに乗っていたのだが、冬になると防寒対策が必要になる。ハッキリ言って面倒くさい。この面倒くささも誘惑を抑え込む壁になった。


季節が冬だったこと、パチンコ店が近くになかったこと、ニートだったこと。様々な要素が絡み合い、僕は自身をパチンコから隔離することができた。


1か月、2か月、打たない期間が続くと、朝起きて枕カバーを噛むこともなくなり、パチンコが打ちたくて眠れない夜も少なくなっていった。

パチンコの誘惑がなくなったわけではない

パチンコを打ちたい気持ちが落ち着いたころ、僕はアルバイトを始めた。


職場にはパチンコの話をする人もいたが、話に加わることはあってもパチンコを打ちに行くことはなかった。


そうは言っても、パチンコを打ちたいという欲求が無いわけではない。逆さまの瓶に蓋をしてあるだけで、蓋を開ければ欲求があふれ出してしまう。


実は、このエントリーを書いている現在も、パチンコを打ちたい気持ちが少しだけ湧き上がってきている。パチンコから4年以上距離を置き、パチンコを恨んでいる今ですら、打ちたいと思っているのだ。


この欲求が消えることはないだろう。一度覚えてしまった快感を忘れることはできない。


もし、1度でもパチンコを打ってしまったら、どうなるかわからない。だからボクは、絶対にパチンコを打たない。

パチンコ依存の2年間で失ったもの

ボクは21歳の夏から23歳の冬までパチンコを打ち続けた。人生の1割にも満たない期間だが、失ったものは多い。


まず、お金を失った


詐欺被害に遭った60万円はもちろん、パチンコのトータルの負け分でも100万円は越えているだろう。


詐欺にあったことで親からの信用を失った


特に父親は、「契約」という言葉に敏感になった。「それは、ヤクザじゃないのか?」と。ボクが何かと契約する=詐欺=ヤクザ、という図式が父の中では出来上がっているらしい。


当然、家計からお金を抜き取っていたこともバレているだろうから、お金に関して僕は全く信用されていない。


僕はパチンコ詐欺にあった事実を、大学時代の友達だけには話したのだが、信頼して話したにも関わらず、彼らから、「クズ」「ゴミ」と罵られるようになった。学生時代の4年間を共に過ごした仲間と、今ではもう一切の交流はない。


20歳の時から付き合っていた彼女も、パチンコが原因で別れることになった。パチンコのことは隠していたが、不自然なくらいに金欠だったことや、彼女との時間よりもパチンコを優先していたことで愛想を尽かされてしまった。


大学4年の卒業旅行(ボクは卒業していないけど)も金欠が理由で行くことができなかった。思えば、パチンコを打ち始めてから思いきり遊んだ記憶がほとんどない。時間とお金をパチンコに費やしているのだから当然だ。


時間、お金、彼女、友達、信頼。2年にも満たない期間で多くのものを失った。大学を卒業できなかったので学歴も失った。


これがパチンコだ。


快感を得る代わりに、多くのモノを犠牲にする。


犠牲を払ってでも得たい、と思うのが、「快感」の恐ろしいところだ。

パチンコ依存症をあきらめない

今の僕が、パチンコ依存症の人たちに言えることは、「パチンコ依存症の克服を諦めないで欲しい」ということだ。パチンコは自分の人生にとってマイナスでしかない。パチンコは幸せを少しずつ奪っていく。


依存症の克服は難しい。決意や意志の強さだけでは足りない。


冒頭でも言った通り、依存症は病気だ。自力で克服するのは不可能だ。僕は、運が良かった。もしかしたら、そこまで深刻ではなかったのかもしれない。


ただ、1つ、ハッキリと言えることは、パチンコをやめることができて満足しているということだ。


どうか、パチンコ依存症は病気だと理解し、克服するためには何でもする勇気を持ってもらいたい。できれば、信頼する誰かに話をして、一緒になってパチンコを止める努力をしてもらいたい。


パチンコ依存症の克服を助ける専門機関や、施設もある。そういったところに足を運ぶのも、依存症を克服する近道だ。また、先日このような記事が公開されていた。


就活からギャンブル依存症 克服した若者が体験伝える:朝日新聞デジタル


パチンコ依存症は身近な人に相談しにくい。故に、一人で悩み、泥沼に入り込んでしまう。もし、誰かに相談できれば、少しでもパチンコに向かう足を止めることができるかもしれない。


例えば、このブログのコメント欄でも、パチンコ依存症の悩みをぜひ吐き出してほしい。ボクでは適切なアドバイスをすることはできないが、誰かに悩みを話すことで、今日1日パチンコの欲求に打ち勝つことができるかもしれない。


少なくとも僕は、パチンコと縁のない人々よりも、あなたの理解者だ。同じ体験をしている。決して、あなたを貶したり、馬鹿にしたりしない。


パチンコ依存症は克服できる。いや、克服しなければならない。家族や、未来のあなた自身の為に、パチンコに侵され続けたままではいけない。


そしてどうか、このエントリーを読んだパチンコ依存症ではない方には、少しでも依存症について理解していただき、依存症の兆候がある人がいたら、助けてあげてほしい。


もし、本人が相談をしてきたら、見下したり貶したり罵ったりすることなく、本人の、「克服したい」という意思を尊重して協力してあげて欲しい。


僕はまだ勉強中だが、いつかパチンコ依存症に悩む方々を救えるよう、知識を身に着ける努力をしている。一人でも多くの人をパチンコの地獄から救い出したいのだ。

*1:エヴァンゲリオンに登場するヒロイン