ぬらブロ

30代男の美容とシンプルライフとニート生活

nurablo

Twitterで愚痴ツイートをする人に言っておきたいこと

f:id:nurahikaru:20190620144949p:plain

俺はTwitterが好きだ。

だからこそ1つ言いたい。

Twitterでグチグチと愚痴ツイートを投稿するヤツ。

不快だ。

「いや、そう言ってるお前のこれも愚痴だろ」

と思う奴もいるかもしれないが、Twitterのような場所とブログでは話が違う。

俺は "Twitterで" 愚痴を吐く人間に物申したい。

※2021年10月にかなりの加筆修正を加えています。

 

 

愚痴を見るのは不快

f:id:nurahikaru:20171104173831j:plain

 

単刀直入に言う。

Twitterで愚痴ツイートをする人間に言いたいことは・・・

 

不快だから愚痴るな。

 

もちろん、何を言おうと勝手だ。好きに呟けばいい。

ただ、お前らが愚痴をつぶやくことで誰も得していないことを理解してほしい。

 

愚痴は印象最悪

f:id:nurahikaru:20171104173743p:plain

 

『愚痴』は印象が悪い。

愚痴を言う人間は美しいか?恰好良いか?可愛いか?愛おしいか?

愚痴ツイートを見て幸せか?楽しいか?前向きな気持ちになれるか?顎が外れるくらい笑えるか?

おそらくポジティブな気持ちになる人間はいない。

人は他人の愚痴を見ることで、ネガティブな気分になる。

損をする。

見る側にとって損しかないのが愚痴だ。

 

愚痴を言っている人間に対しては、ネガティブな印象を持つ。

1回や2回であれば変わらないが、何度も何度も愚痴っていれば次第に悪い印象を持つことになる。

愚痴を言うことで、愚痴を言っている人間の評価や価値はどんどん落ちていく。

 

愚痴を見る側は悪い気しかしない。

愚痴を言う側の評価は落ちる。

 

Twitterに愚痴を呟いたところで誰か得をするだろうか?

 

「嫌なら見るな」と言うけれど…

時々「嫌なら見るな」と言うバカがいる。

これがブログ等であれば成立するだろう。

なぜなら、ブログはURLをクリックしなければ見ることができないからだ。

「見る」「見ない」の選択ができる。

しかし、Twitterは違う。ツイートは何の蓋もなく垂れ流される。

例えば、タイムラインにおっさんの全裸が現れたとしよう。

「うわっ!変なもの見た!!」と思う。

これに対して、「嫌なら見るな!!!」と言われて納得できるだろうか?

俺は出来ない。「汚ねぇもんツイートしてるんじゃねぇ!」とおっさんに怒る。

同じことだ。愚痴もおっさんの全裸写真も同じこと。

 

例えば、すごく自撮りの可愛い女の子がいたとする。

可愛い顔が見たくてフォローしているのに、毎日のように愚痴ツイートが流れてきたらどうだろうか?

自撮りは見たい、でも愚痴は見たくない。

 

「愚痴ツイートはやめてくれないかな…」

「嫌なら見るな!!!!」

 

これは少々、暴言過ぎないだろうか?

 

例えば、ゲームの攻略情報を発信する人がいる。

でも、愚痴や悪口も同じくらいの頻度で投稿している。

愚痴や悪口は見たくないが、ゲームの攻略情報は見たい。

 

「愚痴や悪口はやめてくれないかな」

「嫌ならブロックしてください」

「でも、そうすると攻略が見れない…」

 

愚痴ツイートなんて他人にしてみれば何のメリットもない。

むしろ、害がある。毒である。

そんな物を、価値のあるツイートの中に混ぜられたらたまったもんじゃない。

 

「嫌なら見るな」は暴論だ。

誰かの目に入るようにツイートしておいて、そんな理屈は通用しない。

 

愚痴アカを作れ

f:id:nurahikaru:20171104173805j:plain

 

俺は別に、「愚痴を言うな」と言いたいわけではない。

愚痴を言う気持ちは分かるし、自分の気持ちを誰かに知ってもらえることで落ち着く心があることも知っている。

愚痴を言うのは理屈じゃない。言うことで自分を守っているとも言える。

 

ただ、「愚痴を他人の目に触れるような場所(Twitter)に垂れ流すな」と言いたい。

なぜなら、見た人間も発信した人間も得をしないからだ。

 

そこで1つ提案がある。

鍵垢(非公開アカウント)を作ってそこで愚痴を吐かないか?

「愚痴アカウントを作りました。見たい人だけフォローしてください」

と言ってフォロワーを募れば、「愚痴さえも見たい」と思ってくれる人たちにだけ愚痴を発信できる。彼らは自らの意志でツイートを見ているのだから、文句を言ってきても「嫌なら見るな」が成立する。

鍵垢なら、愚痴を見たくない人間のタイムラインにツイートが流れることもない。

愚痴を見たくない人間が不快になることもないし、愚痴を言った人間の印象がツイートをキッカケに悪くなることもない。

 

誰も損をしない。

 

むしろ何も気にすることなく愚痴を呟けるのだから得をしていると言っても良い。

万事解決、すべてがうまくいく。

もちろん、Twitterではなくブログでも良い。

はてなブログで愚痴を書いて、「愚痴を書きました。見たい人だけ見てください」とリンクを貼れば、見たい人だけが見てくれる。文句を言われたら「嫌なら見るな」と言えばいい。

 

おっさんが全裸で街を歩いたら大問題だが、部屋の中で全裸になり「見たい人だけドアを開けて見てください」と言うぶんには何の問題もない。同じことだ。

 

とりあえず、絶え間なく愚痴ツイートしてるネガティブ人間たちは、今すぐ愚痴専用の鍵アカウントを作れ。それをフォローしてもらえ。以後、愚痴はそのアカウントで呟け。これで誰も損をしない。万事解決。やったね!

参考:愚痴を言うのは悪い事なのか?愚痴を吐き出す時に気を付けたい5つの事