ぬらブロ

雑学やライフハックをみんなとシェアするブログ

"選べる"は不幸!? 優柔不断を克服して幸せになる方法!

f:id:nurahikaru:20180221200227j:plain

どうも。ぬらひかる(@hikaru_nura)です。

以前、このような記事を公開して優柔不断を克服する僕なりの考え方を紹介させてもらいました。

優柔不断を克服するたった1つの心得。僕はコレで決断できるようになった!

実は、メンタリストDaiGoさんのYouTubeチャンネルでも似たような方法が紹介されていたんです。

DaiGoさんは、かなり衝撃的な表現で優柔不断でいることの欠点をお話しされていました。

今回はこちらのお話を皆さんにシェアしたいと思います

 

優柔不断は不幸になる!?

心理学者のバリー・シュワルツ氏が提唱する『選択のパラドックス』というものがあります。

簡単に言うと、「人間は選択肢が多いほど不幸になる」というものです。

多くの選択肢の中から人はどれかを選択し、決断をします。

しかし、頭の片隅で選ばなかった選択肢に対する後悔が少なからず残るのです。

「うわ~あっちを選んでおけばよかった~」と思わなくても、「あっちを選んでいたらどうなっていたかな?」と想像してしまいます。

後悔は、選んだ決断に対する満足度を下げることになります。

「もっといい選択があったのではないか?」と考えてしまうのです。

選択肢が多くなればなるほど優柔不断になり、悩む時間や後悔の時間が増え、決断に対する満足度も下がってしまう。つまり……

 

優柔不断は不幸になる!!

 

逆に言えば、選択肢を減らすことで幸せになることもできます。

今、優柔不断を抱えているあなたは、一直線に不幸へと進んでいるのです。

選択肢を減らして、優柔不断を克服すれば幸せになることができます。

選択肢を減らす方法は??

優柔不断を克服するたった1つの心得。僕はコレで決断できるようになった!

 

優柔不断は治らないモノではない

僕の周りにも優柔不断な人が沢山います。

レストランで注文するメニューが決められない、なんてことは何度も見てきました。

彼らは、「優柔不断だから~」と生まれ持った特性のように優柔不断を語ります。

治らない性格のように考えているのかもしれません。

しかし、僕はそう思いません!

なぜなら僕が、大学生の頃に優柔不断を克服しているからです。

優柔不断は生まれ持った性質や個性ではなく、ただの悪習です。

選択の仕方、選択肢の絞り方を知らないだけです。

 

優柔不断は不幸の種を撒き続けること

人間は3~5以上の選択肢があると、選ぶことに対してストレスを感じるそうです。

ストレスを溜め続けることは、確実に不幸へと繋がります。

僕は、買い物の時などに感じるストレスが嫌で、「優柔不断を克服しよう」と考えました。

選択肢を絞り、スムーズに選択できるようになってから、「選択」に対するストレスを感じなくなり、買い物が楽しくなりました。

優柔不断でい続けることは、不幸の種を撒いているようなものです。

 

選択肢を減らして幸せになろう!

優柔不断は不幸になります。

極論に見えますか?

悩むことで多大なストレスがかかることは、身をもって知っている人が多いと思います。

そのストレスを気持ちよく感じていない時点で、悩むことは『害』でしかありませんよね。

この『悩み』は、簡単に克服することができます。

優柔不断は治らない性格でも体質でもないのです。

少しでも幸せになりたいと思うなら、選択肢を減らして悩まない工夫をしてみてください。