ぬらブロ

雑学やライフハックをみんなとシェアするブログ

ニキビ治療中の同志へ。ニキビの辛さを乗り越える方法を教えます

f:id:nurahikaru:20180809173248j:plain

どうも。ニキビ10年戦士、ぬらひかる(@hikaru_nura)です。

今回は、ニキビ肌の治療におけるメンタル面の話をしたいなぁと思います。

「メンタルなんてニキビ治療に関係ないだろ」と思った方もいると思いますが、精神面が不安定だとニキビ治療を続けるのが難しくなったり、ストレスが原因で更にニキビができてしまったり、ニキビ治療に支障をきたすこともあるんです。

僕も一時期、なかなか改善しないニキビのせいでノイローゼ気味になったことがありました。そうなると、せっかく続けてきたニキビ治療もすべて投げ出したい衝動に駆られるんですよね…

ニキビって一晩でできるくせに、治すのには時間がかかります。一時の心の乱れでニキビを悪化させでもしたら、それまでの努力が水の泡になりかねません。

だからこそ、ニキビ治療には折れない心が必要です。大袈裟な話ではなくマジで。

ここで紹介するのは、ニキビ治療をしていくうえで絶対に感じる辛さをなんとか乗り越えていく為の方法です。

僕自身が、ニキビを気にしすぎて精神的におかしくなりかけていた状態から復活し、ニキビ治療を継続できるキッカケになった方法でもあります。

今、ニキビ治療に取り組んでいる人には、是非参考にしてほしいです。

美容皮膚科に相談する

f:id:nurahikaru:20180809173310j:plain

既に美容皮膚科に通っている人も多いと思いますが、美容皮膚科に行くことは精神的にもかなり有効だと思います。

人間が一番恐れるのは「わからない」ことです。

何をすればいいのかわからない時、人はパニックになります。

美容皮膚科に行けば専門家の先生がいるので、不安なこと、疑問に思っていることも訊けば必ず答えてくれます。

「ニキビを根本的に治すにはどうしたら良いか?」

「スキンケアの正しいやり方は?」

など、何でも良いです。

専門家が相談にのってくれるってすごく心強くないですか?

僕も、美容皮膚科に行って一番良かったのは、わからないことは何でも相談できて疑問が解決したことでした。

別に美容皮膚科に頼らなくても、身近に専門家がいるのならその人に相談をして良いと思います。

ただ、Yahoo知恵袋などの質問掲示板は利用しない方が良さそうです。

無茶苦茶な理論を話す人もいますし、様々な意見が出てくるので余計に混乱してしまいます。

信頼できる専門家1人に相談しましょう。

心がスッキリします!

もし今、セルフケアでニキビ治療を行っていて不安や疑問があるのなら、美容皮膚科で専門家に相談してみてください。

 

ニキビは長期戦だと覚悟する

ニキビ治療は長期戦です。

逆に言えば、短期間で根本的に改善をすることはできません。

1、2個なら数日で治りますが、ニキビ肌を本気で改善するには数か月、数年の努力が必要になります。

思っている以上に、1度ニキビ肌になると元の状態に戻すのは難しいんです。

これを理解していないと短期間での効果を求めてしまい、数日で改善しなければ止めてしまう…なんてことの繰り返しになります。

どんなに正しい方法でも、短期間では効果が出ません。

ニキビ肌の改善には長い時間がかかると覚悟を固めましょう。

 

周りはあなたのニキビを気にしていない

f:id:nurahikaru:20180809173414j:plain

実は、あなたの周りにいる人々はあなたのニキビなんて気にしていません。

あなたは自分がニキビ肌なので周囲の人のニキビを気にしていますが、ニキビに悩んでいない人々にとっては、他人のニキビに興味はありません。

僕は、顎に黄色いニキビを作って人に会うこともありますが、指摘されたり嫌悪された経験は1度もありません。

 

なにより、人の顔ってそこまで近づいて見なくないですか?恋人でもない限り、至近距離で顔の肌を見られることなんてないですよね?

他人は、あなたのニキビも肌荒れも見えていません。

もし、見えているのならその人はあなたと同じニキビに悩む同志か、あなたによほど関心のある人だと思います。

(※顔全体が真っ赤になるような重症ニキビ肌は別ですが…)

 

鏡には近づかない

新しいニキビができると、とても憂鬱な気持ちになりますよね。

あなたはニキビを気にするあまり、鏡に顔を近づけてじっくり観察していませんか?

些細な変化を見落とさないことも大事ですが、ニキビや汚い肌を至近距離で見ても落ち込むだけなんですよね。

僕もよく、鏡に近づいて新しいニキビが無いかチェックしていましたが、気分が落ち込むだけなので止めました。

今でも鏡を見るのは怖いです。極力、見ないようにしています。

見るとしても1メートル以上離れること。髭を剃るときなんかも、ぎりぎり髭が見えるくらいの距離までしか近づきません。

これだけで、精神的にはかなり楽になります。

新しいニキビができていても気づかないので、下手に触ったり必要以上に気になることもありません。

 

少し離れて自分の顔を見ると、意外とまともじゃないか? と思えてくることもあります。

ニキビ肌にとって鏡は、ネガティブな要素の方が多いのでできるだけ近づかないほうが無難です。

 

ニキビを理由に我慢をしない

f:id:nurahikaru:20180809173511j:plain

ニキビを治そうと思うと、「夜更かしをしてはいけない」「暴飲暴食をしてはいけない」などの我慢が必要になってきます。

しかし、オールでカラオケに行こう!と誘われても断ったり、美味しいモノを食べに行く約束を断ったり、ニキビを理由に楽しみを我慢するのは、ちょっと違うんじゃないかなと思うんです。

日常生活の中で注意することはたくさんありますが、思い切り遊ぶときも必要なのが人間です。

ニキビを理由に楽しみを減らしてしまうことは、ニキビが悪化するのと同じくらい悲しい事ではないでしょうか。

僕も、ニキビを理由に食べるものを制限してきましたが、食べたいモノを食べられないストレスは相当なものです。

「ニキビがあるから食べられない」なんて思った日には、ニキビが憎くて気が狂いそうになります。

他の人は美味しそうに食べているのに…(泣)

もちろん、毎日ラーメンを食べたり、朝まで飲み明かしたりするのはどうかと思いますが、ストレスになるほど我慢する必要はなく、適度に楽しむことも大事です。

それでニキビができても、「昨日は○○したから」と原因がわかるので、そこまで精神的な負担にはなりません。

ニキビを気にしてストイックになりすぎないようにしてください。

僕の経験上、ストイックになろうとすればするほど追い込まれて嫌になってきます。

適度な息抜きはするようにしましょう。

 

まとめ:ニキビに深刻になりすぎないこと

  • 専門家に相談をする
  • 長期戦だと覚悟する
  • 周りはニキビを気にしていない
  • 鏡に近づきすぎない
  • ストイックになりすぎない

 

以上の点は、ニキビ治療をするうえで重要な心構えだと思います。

ニキビから解放されるわけではありませんが、ニキビの辛さを少しでも和らげることができるはずです。

あまり1人で考え込まず、深刻に考えすぎないようにしてください。

悪く考えようと思えば、いくらでもネガティブになれるのがニキビですから。

僕も、本当にニキビに悩んで、鏡の前で何回もため息をついてきました。

でも、それをしたところでニキビ改善にはつながらないと知ったのです。

実際、ニキビを気にしないようにしていると知らず知らずのうちに肌が綺麗になっていきました。

忘れた頃にニキビは改善していくものなんです。

 

正しいスキンケア、病院で指示されたニキビ治療を淡々と続けていきましょう。

そうすれば、ニキビは時間が解決してくれます。

1日1日の変化に一喜一憂しすぎないことです。

絶対にニキビ肌は治せます。ニキビがあっても笑っていきましょう。

最大のトラブルは、ニキビに悩みすぎてネガティブになってしまうことです。

ニキビが恥なのではなく、ニキビに精神を支配されてしまうあなたが恥なのです

ニキビにはなっても、ニキビに負けてはダメです!

この言葉があなたの心に届くことを願っています……

共にニキビと戦い続けましょう!