ぬらブロ

雑学やライフハックをみんなとシェアするブログ

顎のニキビを綺麗に治す:絶対に抑えたい7つのポイント!

f:id:nurahikaru:20180708152226j:plain

 

顎のニキビは繰り返しやすく治りにくいのが特徴です。

デキると気分が落ち込みますよね。

僕も顎のニキビには長い間、悩まされてきました。

このブログ記事では、実体験をもとに顎ニキビを改善するうえで重要な7つのポイントについてお話しします。

あなたの悩みの解決に、是非とも役立ててください。

顎のニキビを治す7つのポイント

 

1.乳液・クリームでの保湿をやめる

保湿には必ず乳液やクリームを使う! と信じている人もいますが、ニキビ肌の人にとってはそうとも言い切れません。

ニキビと言うのは、皮脂の過剰分泌が原因です。

皮脂の分泌量が多い肌に油分を足してしまえば肌表面は皮脂過多になります。

ニキビがデキやすい状態です。

「ニキビは乾燥が原因だから乳液やクリームを使うべき!」との主張もありますが、油分を補ったからと言って皮脂の分泌量が急激に落ちるわけではありません。

顎は『乾燥しやすいけれど皮脂の分泌量はそこそこ多い』という厄介な場所なので、理想は油分を使わずしっかりと保湿することです。

筆者の場合、さっぱり系の化粧水やオイルフリーの保湿ジェルで保湿ケアを始めてから、ニキビができにくくなりました。

オイルフリーの保湿ジェルでおすすめは『フォーレリア』です。

使い心地はさっぱりしていて、肌触りもサラサラしているのに、しっかりと保湿感があります。抗炎症成分(グリチルリチン酸2カリウム)も入っているので、ニキビ肌の方にはかなりおすすめです。

2.洗顔料の洗浄力を落とす

ニキビに悩み始めた頃から、かなり強力な洗顔料を使用してきました。

しかし、洗顔料を使わず水のみで洗顔するようになってから顎のニキビがピタっとできなくなりました。

洗浄力を落とすことで、皮脂や保湿成分などを洗い流しすぎず、肌の乾燥を抑えることができます。

ただ、水のみの洗顔では洗浄力が弱すぎたせいか、続けていくうちに肌状態が悪化・・・

理想は、適切な洗浄力を持った洗顔料で優しく洗ってあげることです。

おすすめの洗顔料は、『CeraVeil Skin Wash』です。

f:id:nurahikaru:20180708152821j:plain

穏やかな洗浄力で、これまで使っていた洗顔料とは使用後の肌の乾燥具合が全然違います。

1回の使用量も1円玉程度で充分なので、かなりコストパフォーマンスの良い商品です。

▼公式通販サイトはコチラ▼

CeraVeil CeraLabo

 

3.クレンジング(毛穴ケア)

水のみの洗顔を行っていた時期が長かったためか、顎に異常なほど角栓が溜まってしまい、ニキビができやすい状態になっていました。

クレンジングによる毛穴ケアを行うようになってから、角栓は目立たなくなり、ニキビができる機会も減ってきました。

『ニキビをデキにくくする』という意味では適度な毛穴ケアは重要です。

もちろん、間違った方法や刺激の強いクレンジングを使ってしまえばニキビにとっては逆効果になります。

僕が実践している毛穴ケアの方法はコチラです。

 

4.触らない、擦らない

「これをやると確実にニキビができるな…」と思うことの1つが、スキンケア等で肌を擦ることです。特に顎は、その傾向が強いです。

どのような場合でも、肌は擦らないように注意しています。

ニキビができると気になって触ってしまうこともありますが、これはニキビを悪化させたり新しいニキビができやすくなるので絶対に避けるようにしています。

元々、顎を触る癖があったのですが、矯正しました。

 

5.胃に負担をかけない

胃の不調が顎や口周りニキビの原因になります。

できるだけ胃に負担をかけないため、食べすぎや刺激の強い食べ物は避けるようにしています。

辛いモノや脂っこいものを避け、満腹にならないよう腹八分目で抑えることを意識しただけで、口周りのニキビはデキにくくなりました。

 

6.よく寝る

個人的には、これが一番の顎ニキビ対策だと思っています。

睡眠不足になると免疫力が下がり、少しの刺激や乾燥でニキビができてしまいがちです。

顎は乾燥しやすく、男性の場合髭剃りなどの刺激も多いので、寝不足の影響を受けがちです。

また、睡眠不足が原因でホルモンバランスが乱れ、皮脂の過剰分泌を促します。

寝ないことはニキビができやすい肌状態にしてしまうので、絶対に避けなければいけません。

22時~27時の間を『お肌のゴールデンタイム』と呼び、この時間に深い眠りにつくことが推奨されていますが、タイミングはあまり関係なく、睡眠時間を充分に取ることが重要だと感じています。

 

7.電気シェーバーを使う

男性の場合、髭剃りが顎ニキビの原因になります。

T字カミソリは刃が直接肌に触れるので、肌に傷がついてしまいがちです。

見えないくらい些細な傷でも、そこから雑菌が侵入し、ニキビやその他肌トラブルの原因になります。

ニキビがあるときは、ニキビを潰してしまうので、悪化や痕になってしまいます。

髭剃りは身だしなみを整える為にも必須ですが、肌にとっては悪いことだらけです。

対策として、電気シェーバーを使うことが有効になります。

電気シェーバーは刃が肌に触れないので、T字カミソリほど傷つく心配がありません。

僕自身も電気シェーバーを使うようになってから、いわゆるカミソリ負けとは無縁になり、安心して髭を剃れるようになりました。

「安くて良い電気シェーバーが欲しい…」というアナタにおすすめの記事!

 

あらゆる原因を取り除く必要がある

f:id:nurahikaru:20180520230943j:plain

ニキビの原因は、複数あることがほとんどです。

原因と考えられることは全て取り除く必要があります。

上に書いた7つのポイントを徹底して意識すれば、そう簡単にニキビはできなくなるハズです。

 

特に顎は、生活習慣の影響を受けやすい部位です。どんなにスキンケアを頑張ったところで、睡眠や食事が乱れていては意味がありません。

生活を正さずにスキンケアを続けるのはお金の無駄とも言えます。

本気でニキビを治すなら、あらゆる面からのケアを怠らないようにしたいですね。

以上です。参考になりましたら、コメント、シェア等よろしくお願いします。