ぬらブロ

無職の一般男性のブログ

nurablo

僕は、ニート。33歳 無職 男

f:id:nurahikaru:20210619133440p:plain

僕は、ニートである。

キャラ付けで言っているわけではない。コロナ渦で、失業したというわけでもない。ずっと家にいて、好きな時間に起き、好きな時間に寝る。スマホゲームをダラダラと遊び、なんとなく家にあるものを食べる。そんな生活を、10年近く続けている。

もちろん実家だ。両親と妹との4人暮らしで、3人とも働いている。日中は家に僕1人で、掃除をしたり洗濯物を取り込んだりしている。

正社員経験はない。アルバイトの経験はあるが、学生時代を除くと半年ほど。資格は、車とバイクの免許を持っているだけ。何かに特別詳しかったり偏った知識があるわけでもない。没頭した趣味や夢中になったコンテンツがあるかと言うとそうでもない。10年もの "自由な時間" があって、何1つ「これだけは!」と言えるものが存在しない。

ニートでなくても、なかなかのつまらない人間だと思う。

 

ニート』と呼べる状態になったのは、2011年の11月。

当時、駐車場の管理会社にアルバイトとして勤めていたのだが、上司の嫌がらせを受けて嫌になり辞めてしまった。辞め方はいわゆる "ばっくれ" だ。朝起きて、布団から出なかった。

正社員として雇用してもらえるという話で、本社の取締役直々に面接をしてもらい、「良い目をしてるね」と誉め言葉をもらったのだが、ちょっとした事故があって信用を失い、正社員雇用は白紙になり、直属の上司からは無視などの嫌がらせを受けるようになった。辞めた理由は、こんな感じだ。

 

僕は、仕事が下手だ。

 

学生時代のアルバイトも含め、職場の人といつまで経っても仲良くなることができず、先輩や上司ともずっと距離感のあるままで、故に仕事について気軽に質問や相談をすることもできず、ミスを繰り返して、怒られて、嫌われて・・・ ということが多くある。基本的には仕事が嫌いで、たかがアルバイトなのに出社前には憂鬱になる。学生時代の居酒屋のバイトは本当に嫌で、原付バイクで走りながら「対向車線に突っ込んだら、バイトに行かなくてもよくなるかな…」と考えたりしていた。

 

18歳で初めて経験した派遣のバイト先では、20代の若い金髪の男に、明らかに50代以上と思われる男の人が、「お前よぉ!!」と怒鳴られているのを見て心が痛んだ。工場だったのだが、指揮をしている人間はとにかく罵声をあげていた。僕もミスをして、思い切り怒鳴られた。後にも先にも、唾を飛ばしながら怒鳴られたのはあの時だけだ。それを見ていた全然知らない人に、「大丈夫?」と心配されるほどだった。

 

 

こういった経験が、無職で実家に引きこもる原因になっている。と、言ったら、「言い訳だ!」と言われるかもしれない。確かにその通りだ。職場に馴染めない、社会が怖い、というのは、障害物の1つではあっても立ち止まる理由にはならなかったはずだ。色々な可能性を模索する時間は充分にあった。仕事なんて稼げればいいのだから。

・・・と頭ではわかっている。まぁ、ここで反省をしても仕方がない。

 

ニートになってから祖父母を含む親戚関係の人々とは会っていない。

無職の自分に後ろめたさや恥ずかしさがある。何を言われるのか想像するだけで憂鬱になるし、害虫でも見るような目で睨みつけられると思うと会いたくない。説教をしてくる人もいるかもしれない。

祖父は、僕が見ないうちに寝たきりの状態になってしまった。小さいころお世話になったおじさん、おばさんは何人か亡くなっている。そういう方々を無視して僕はひたすらに引きこもっている。(それでも祖母は僕の誕生日になるとお小遣いをくれる)

 

お金に関しては、収入がないので基本的には困っている。

生きていくためのお金は親に出してもらっているので死ぬことはない。

一時期、ブログによってお小遣い程度の収入を得ていたので、少しだけ貯金があり、それを切り崩しながら過ごしている。あとは、メルカリでいらないものを売ったりしている。

 

正直に言うと、社会に出るのは怖い。

今の生活がこの先もずっと続くのなら、僕はそれを選ぶかもしれない。

ただ、時間の経過はそれを許さない。未来のことを想像すると怖くなる。

 

年齢も気が付けば30代半ば、「アラサー」とも言えなくなってしまった。自分と同年代は、それなりの収入があって、結婚もして子供もいる。自分のことだけでなく、家族や次世代のことも考えている。自分のことだけしか考えていない僕と比べると、もはや別世界の住人なんじゃないかと思う。

 

こういうことを書くと、「甘ったれるな!」とか言われるんだろうが、そんなことはわかっている。「ニートは社会のゴミ」と言う人もいるが、それも理解している。だからこそ、自分は恥ずべき存在だと思っているし、故に人と関わりたくないのだ。

 

ニートでも生きていけてしまう環境があって、社会に出ていくのが怖くて、自分を卑下しているから人と関わるのが怖い。わざわざ社会に飛び出して生きていこうとは、正直言って思えない。

 

だから僕は、ニートなのだ。