ぬらブロ

無職の一般男性のブログ

nurablo

中高生のニキビを確実に治す方法は?『高額なニキビケア商品』は必要ありません!

f:id:nurahikaru:20190618175836p:plain

ありがたいことに、当ブログには10代からのニキビに関する質問が多く来ます。

中高生年代にとってニキビは大きな悩みの1つ。僕もニキビに悩んできた1人としてよくわかります。

この記事では、中高生がニキビを治す方法についてお話しします。

高額なニキビケア商品(プロア〇ティブなど)の購入を迫るようなことはないので安心してください。むしろ不要であるということを強くお伝えしたいです。

 

 

なぜ高額なニキビケア商品は不要なのか?

f:id:nurahikaru:20180519205501j:plain

 

中高生のニキビは放置で治る

中高生に出来るニキビは、思春期特有の『一時的なホルモン分泌の変動』が原因で起こります。皮脂の分泌量が多くなり、額や鼻筋に出来やすいのが特徴です。このようなニキビは『思春期ニキビ』とも呼ばれ、大人になってからできるニキビとは区別されています。

大人になるとホルモンの分泌変動が落ち着くのでニキビは自然と落ち着いてきます。

 

思春期ニキビは放置しておけば勝手に治る

 

放置しておいた方が過剰な皮脂分泌に肌が適応していくので、治りが早くなります。

できるだけ余計なことはしないことが得策です。

 

ニキビケアでニキビが悪化する可能性も

ニキビケア商品というのは、ニキビの原因とされている過剰な皮脂やアクネ菌を洗浄・殺菌することでニキビの改善を目指しています。

しかし、洗浄や殺菌は肌のバランスを著しく悪化させるものです。

本来、皮脂もアクネ菌も肌を守る大事な要素です。意図的に洗い流してしまうと肌のバリア機能は正常な働きをできなくなります。結果、ニキビの悪化や乾燥肌などの別のトラブルが起きてしまいます。

 

大人になってからもニキビに悩んでいる人の大半が、洗顔や殺菌を繰り返し思春期ニキビを悪化させてしまった人たちです。きっと後悔しているでしょう、「なんでバカ高い金を払ってまであんな物を使ってしまったんだ……」と。

 

 「ニキビ専用」と書かれた化粧品は、一瞬の効果こそあるかもしれません。原因となる皮脂やアクネ菌を除去するからです。

これは根本的な解決にはなりません。しかも肌の状態をかなり悪くします。

本当の原因は皮脂が必要以上に分泌してしまうことです。中高生の場合は、大人になるにつれて皮脂分泌が正常に戻りますから、肌を悪化させるリスクを背負ってまでニキビケア商品を買う必要はありません。

下手をすれば大人になっても治らない深刻なニキビへと発展させる可能性すらあります。

 

思春期ニキビを治すスキンケアとは?

 

f:id:nurahikaru:20180520230943j:plain

 

大切なのは乾燥させないこと

思春期ニキビの原因は、過剰な皮脂分泌によって毛穴が詰まり、アクネ菌が増殖してしまうことです。逆に言えば、毛穴さえ詰まらなければニキビはできないことになりますい。

毛穴を詰まりやすくさせている最大の原因が乾燥です。

乾燥して硬くなった毛穴は皮脂が詰まりやすく、ニキビが出来やすくなります。

柔らかい毛穴は皮脂が詰まりにくいので、どれだけ皮脂の分泌が過剰でも簡単にはニキビができません。同じ中高生でもニキビの有無に差があるのは、乾燥しているか否かの差もあります。

中高生のニキビケアにおいて重要なのは「とにかく乾燥させないこと」です。

 

ニキビを治す洗顔!

中高生のニキビケアは乾燥させないことが重要。

乾燥の大きな原因になるのが洗顔です。間違った洗顔方法が乾燥肌を引き起こします。

正しい洗顔は、1日に1回優しく肌を洗うことです。

洗顔は皮脂や天然の保湿因子を洗い流してしまうので、肌にとってはリスクの高い事なのです。できるだけしないことが理想だと覚えてください。(中高生の場合、皮脂分泌が多いのでしなさすぎるのもトラブルの元です)

「朝晩2回洗顔しましょう!」と言うメーカーもありますが、殆どの人にとっては回数が多すぎます。夜に洗顔料を使ったら、朝は水だけで顔を洗えばOKです。

 

使う洗顔料はできるだけ低刺激でシンプルなモノにしてください。

以下の画像のようなドラッグストアで購入できる低価格な純石鹸で充分です。

「ニキビ用」「メンズ用」「スクラブ入り」と書かれたものは使わないように注意してください。(現在使っているなら使用を中止してください)

 

 

▲詳細は画像をクリック

 

正しい洗顔方法が分からに人の為に、簡単に解説をしておきます。

 

①素洗い

ぬるま湯(32℃~35℃)で顔全体を洗っていきます。

基本は手で水をすくって顔にかけるだけ。(一般的な洗顔の方法ですね)

擦ったりゴシゴシしないように注意

 

②泡立て

  1. 洗顔ネットを濡らす
  2. 軽く水を切る
  3. 石鹸をネットの中に入れる
  4. ワシャワシャする

↓↓洗顔ネットはこんな感じのヤツです。

▲詳細は画像をクリック

 

手に泡を乗せて、ひっくり返しても下に落ちないくらいの泡が理想です。

 

③泡を顔に乗せる

完成した泡を顔の上に乗せていきます。

重要なのは「乗せるだけ」ということ

順番は適当でもいいですが、おでこや鼻など皮脂の多い部分から載せていきましょう。

 

泡を乗せている時間は10秒~20秒でOK

それ以上は長すぎです。

 

④すすぐ

顔の泡をぬるま湯で流していきます。

泡が残ると絶対に肌荒れするので、時間をかけて丁寧に。

お風呂で洗顔をする場合は、シャワーを使ってすすぐのがおすすめです。

ただし、水圧が強いと肌にダメージとなるので水圧を調整してください。

耳の下側やこめかみの部分はすすぎ残しがちなので注意!

 

⑤タオルで拭く

タオルはゴシゴシ使わないこと。

軽く押すように使って、顔の水滴を取るだけでOK。

男らしく拭く必要はまったくなし!

 

石鹸を使った洗顔は1日1回までが基本です。

夜に石鹸を使うとしたら、朝は水で洗えばOK。

 

洗顔後は保湿を…!!

洗顔をした後は、皮脂や天然保湿因子が失われた状態です。肌ににとっては異常事態、保湿をして保護してあげる必要があります。

あれこれつける必要はまったくありません。低刺激な保湿クリームを薄く塗ればOKです。代表的なところだとニベアクリームは低価格で肌の保護能力も高くおすすめです。

「クリームだとベタつく!」と言う人には、オイルフリーの保湿ジェルをおすすめしますが、コチラはクリームに比べると価格が高くなります。

洗顔後に乾燥を感じないようであれば、何も塗る必要はありません。中高生の場合、ほとんど必要ないかと思います。

 

「保湿クリームってどうやって塗るの!?」という人は以下の記事を参考に。

保湿クリームのおすすめが知りたい人は以下の記事を参考にしてください。

 

スキンケア以外で重要なこと

f:id:nurahikaru:20180519205516j:plain

 

良く寝よう!

睡眠はとても大事です。ホルモンバランスの乱れは睡眠不足によって悪化するので、毎日最低でも7時間は寝てください。成長期の中高生なら尚更です!

 「なかなか眠れないよ!」という人は以下の記事を参考に。

 

お菓子・菓子パン等は食べない

食事をコントロールするのはなかなか難しいと思います。

親御さんが手料理を作ってくれるのなら、ありがたくいただきましょう。

お菓子・菓子パン・ジャンクフード(マクドナルドなど)は極力控えてください

何の栄養にもならず、体にとって害でしかありません。

食べても良いけれど、食べすぎに注意!

もしお金に余裕があるなら、エビオス錠を飲んで腸内環境を整えておけばOK!!

まとめ

f:id:nurahikaru:20190131230027j:plain

  • 中高生のニキビは放置で治る
  • スキンケアは乾燥をさせないこと
  • 良く寝る・お菓子やジャンクフードの食べ過ぎ注意!

何度も言いますが、思春期ニキビは放置していれば絶対に治ります。

悪化する原因は、無駄にニキビケアをしてしまうことです。

「ニキビを何とかしたい…」と思う気持ちが大人になっても治らない深刻なニキビの原因になっています。焦らず、余計なことはしないことを心がけてください。 

正しいスキンケアをしたからと言って1日でニキビが改善するわけではりませんが、1ヶ月も続ければ確実な変化を実感できるはずです。

余計なことはせず、最低限のスキンケアを続ける。

これが中高生のニキビを治す本当の方法です。

質問等ありましたら、遠慮なくコメント、メール、Twitterまでどうぞ!

僕が美容皮膚科でのニキビ治療を1年でやめた3つの理由

f:id:nurahikaru:20180226175900j:plain

僕は2016年の10月からニキビ治療のため美容皮膚科に通院していました。

数年前と比べたら、かなり改善したと思っています。

しかし、2017年の11月治療を始めて約1年で通院を止めました。

この記事では、僕が美容皮膚科への通院を1年でやめた理由についてお話をしようと思います。

「美容皮膚科ってどうなの?」と思っている方、現在進行形で美容皮膚科に通院している方に読んでほしい内容です。

理由① ニキビが思うように治らなくなった

僕が美容皮膚科に通うのを止めてしまった理由の1つ。

単刀直入に言うと『ニキビが思うように治らなかったから』です。

美容皮膚科とは言え、重度のニキビが数か月で完治するとは思っていません。2年3年…それ以上かかっても治るものなら続けるつもりでいました。

しかし、最初の3ヶ月は改善が見られたものの、途中からはニキビが悪化しているように思えたのです。

一番の悩みだった口周りのニキビは明らかに悪化しており、薬を塗った翌日の方が酷くなることもありました。

先生に相談しても、より強いニキビの薬を処方されるだけで、最終的には、「やれるだけの治療はしているんだけどな…」「男の人は髭を剃るから口周りは仕方ない」と諦めに近いことを言われるようになりました。

ニキビが改善どころか悪化しているにも関わらず、薬以外の変化を加えようとしない美容皮膚科の先生に失望して通院を止めることにしました。

 

理由② 「薬を止めたら再発する」から

f:id:nurahikaru:20180830231852j:plain

僕の最終目標は、ニキビができにくい肌になることです。

朝起きて、鏡の前でニキビがあるか確認する、見つけてガッカリして凹んだまま1日を始める。そんな生活は、もう嫌でした。

しかし、美容皮膚科の先生からは、「薬を塗って一時的にニキビが無くなっても、薬を止めたらまた再発するんだよね」と言われました。

つまり、今やっているニキビ治療は根本的な解決ではなく、薬によってニキビができない状態を保っている、いわゆる『対処療法』だったのです。

ニキビができにくい状態を維持しながら、体質改善などを行ってニキビの原因を改善する、という考えもあります。

しかし、担当の先生は食事等に関する指導を一切してくれませんでした。

「チョコレートばっかり食べてたってニキビができない人はいるからねぇ」「睡眠不足も、極端じゃなければそんなに問題ないんじゃない?」と普段の生活はニキビに影響がないような発言までしていました。

根本的な改善を目的にしていた僕。対して、薬による対処療法の継続を考えていた先生。双方の目的の違いが、美容皮膚科への通院を止めた理由です。

 

理由③ 自分の肌に合わなかったから

美容皮膚科では、自宅でのニキビケアに関する説明を受けました。

特徴的だったのは、「保湿クリームは30分に1回塗りなさい。1日10回以上が目標」と言われたことです。

今までの僕には、考えられない方法でした。

とはいえ、結果が出れば何の文句もないのですが……

塗れば塗るほどニキビが増えるし、肌がヒリヒリしたのです。

常にクリームで脂ぎった顔はテカテカで、手で触るとヌルッとした感触がありました。先生にコレを相談すると、「治療なんだから、見た目とか肌触りにこだわっている場合ではない」と言われましたが、悪化はするし見た目は悪いし面倒な作業を続けていくことは、難しいですよね(^^;)

僕は先生の指示を無視して、クリームを塗る量をかなり少なくしてみました。

そしたらなんと!ニキビも肌のヒリヒリ感もテカりもヌルつきもマシになったのです。

「これまでのニキビは保湿クリームが原因だったのでは?」と思い、油分の少ない保湿ジェルを使ってみたところ、ニキビは減り、肌も柔らかくなった気がしました。

特にフェイスラインのニキビは一気に改善したので、保湿クリームの油分が原因だった可能性は高いと思っています。

あくまで自己分析ですが、油分の多い保湿クリームを大量に使うことは、僕の肌に合わなかったようです。

 

思えば先生は、僕の肌を観察したり、状態について詳しく聞くことは1度もありませんでした。

僕の状態や肌質に合った治療を提供しているのではなく、教科書通りの治療をしているだけなんだな……と思った結果、美容皮膚科に通うのを止めました。

 

美容皮膚科は本当に信用していいのか?

f:id:nurahikaru:20180830231905j:plain

実際に美容皮膚科に行くまで、病院の先生はニキビに対するあらゆる知識を持っているものだと思っていました。

僕の肌を見て、僕の肌に合った治療をしてくれるのだと思っていました。

しかし、現実は違うようです。

患者の肌を見て、ニキビの状況を見て、適切な処置をしてくれる先生ばかりではありません。ニキビという症状を一括りにし、教科書通りの対処をするだけです。

結果が出る人もいると思います。僕を担当してくれた先生は、新聞に掲載されるほどのニキビ治療のスペシャリストとして有名でしたから、多くのニキビ患者を救ってきたのだと思います。

しかし、思うような結果が出なかったとき、彼らはプランB、プランCを持っていない気がしました。

少なくとも、僕の担当美容皮膚科医はそうでした。

患者の症状に合わせた適切な処置をするのではなく、病院のやり方を患者に押し付けて効果が出なければ知りません…というスタンスです。

病院によってニキビに対する考え方、対処法は違います。

なので僕は、患者が自分に合った治療をしてくれる病院を探す必要があると思います

少しでも効果を実感できなければ、新しい皮膚科に行ってみる『セカンドオピニオン』が必要でしょう。

本気でニキビを治したいなら、1つの美容皮膚科に執着するのではなく、不安や疑問を感じた時点で複数の先生に診てもらうべきではないでしょうか?

 

※追記。ニキビの薬は悪化する!?

美容を教える化学の先生ことかずのすけさんが、ブログでニキビへの対処法についてこんなことを語っていました。

 

ニキビの成因にアクネ菌などの皮膚常在菌の繁殖が絡むことから、 強力な殺菌剤や抗菌剤を含んだ洗顔料や化粧水が販売されています。

(アク○ス・○ロアクティブなど)

しかし、先ほども言ったように皮膚常在菌は悪玉細菌ではなく、 ヒトの肌を正常な状態に保つためには無くてはならないものです。

これを殺菌するとどうなるかと言えば、ニキビ以外の皮膚疾患を発症したり、炎症を起こしてしまったり、皮膚の乾燥を招いたりと、さらに酷い症状を誘発しかねません。

今あるニキビだけを治す為には有効な手立てですが、これでは一時治ったとしても正常な肌の状態ではないためすぐに再発してしまいます。

ニキビに対して殺菌・抗菌は、よほどの事情がない限り行うべきではありません。

引用:“ニキビは皮膚科へ”のウソ ~正しいニキビへの対策とは(後編)~ | かずのすけの化粧品評論と美容化学についてのぼやき

 

僕は殺菌やピーリング効果のあるニキビ治療薬を使っていたのですが、最初の数か月は効果を感じたものの、途中からは悪化して、むしろニキビがデキやすくなっていると感じました。

自己判断で薬を止めたところ状態が落ち着いたので、明らかに薬が原因で肌が荒れていたと思います。

かずのすけさんのブログを読んだとき、「やっぱりそうだよね!」と強く頷きました(笑)

悪化しているニキビに対して美容皮膚科のとった行動は、より強力な薬を処方することだったので、今考えると恐ろしいです…

結局、治療薬は一時的にニキビを無くすものであって、予防目的で長期間使用することは肌状態の悪化に繋がるということですね。

ニキビを根本から治そうと思うのなら、正しいスキンケア、睡眠食事などの習慣を正していく必要があることは間違いなさそうです。

 

結論:まずは美容皮膚科へ!本気で治したいなら頼りすぎるな!

僕は、「美容皮膚科は意味がない」と言っているわけではありません。

0からニキビを治していこうと思ったら、最初は美容皮膚科に行くべきだと思います。

最も怖いのは、間違ったセルフケアでニキビを悪化させることです。

僕自身も、美容皮膚科に行ったことで、多くのニキビは消えていきました。部分的に悪化したり繰り返したりしていたので見切りをつけましたが、効果が無かったわけではありません。

『ニキビができたら、まずは美容皮膚科に行くべき』という意見は今も変わりません。

ただ、あまり美容皮膚科医を信用しすぎないこと。

根本的な解決を目指すなら、普段のスキンケアを見直し時間をかけてニキビの根本原因を改善していくことが必要です。

その為の勉強を怠ってはいけません。美容皮膚科で先生にスキンケアや食事について質問してみるのもいいかもしれません。(僕の担当医は適当な返答でしたが…)

美容皮膚科に行けばニキビが改善する!と希望を抱いている人も多いかもしれませんが、決してそうではないということを知っておいて欲しいと思います。

【Twitter】愚痴ツイートをする人に言っておきたいこと

f:id:nurahikaru:20190620144949p:plain

誰でも簡単に発信ができる時代。

「言論の自由」と言えば聞こえは良いですが、良い言葉も悪い言葉も目につく時代になったな、と感じています。

僕はTwitterが好きで、毎日のようにタイムラインを眺めているのですが、特に気になっているのが「愚痴」や「悪口」です。

単刀直入に言うと、愚痴や悪口に対してはものすごく嫌悪を感じています。

「Twitterなんて独り言なんだから、気にする方がおかしい」

という意見もありますし、理解もできるのですが、フォロワーがいるアカウントで発言すると言うことは、意図して誰かに見せようとしているということです。一人でボソボソ言うだけの「独り言」とはわけが違います。

この記事では、TwitterなどのSNSで当たり前のように愚痴を発信している人たちに、どうしても伝えたいことをまとめました。

「愚痴ツイートをするな!」という意味ではありません。SNSでの発言は基本的に自由なので。ただ、この記事を読んだ後に何かを感じて、愚痴の発信を少しでも控えてくれるようになったら嬉しく思います。 

 

愚痴ではスッキリできない

f:id:nurahikaru:20171104173831j:plain

Twitterで毎日のように愚痴を言う友人に、「なんで愚痴ばっかツイートすんの?」と質問をしたことがあります。

 

「スッキリするから」

 

僕にも愚痴や悪口を言うことで、スッキリした気持ちになった経験はあります。

 

でも、本当にスッキリしているのでしょうか?

 

愚痴を言うことでスッキリしているのなら、毎日同じような愚痴を繰り返すわけがありません。

実は、自分が思っている以上に愚痴は自身の脳へ悪影響を与えているそうです。

ツイートをするとき、愚痴は頭の中で何度も繰り返されます。

「ムカつく!」とツイートすれば、脳内は『ムカつく』という言葉で埋め尽くされ、「仕事をやめたい!」と言えば、仕事を止めたい気持ちで頭がいっぱいになります。

吐き出しているつもりが、ネガティブな感情に侵されていくわけです。

いつしか他人の嫌なところばかり目についたり、あら捜しをする癖がつきます。愚痴の材料を無意識に探すようになるのです。

愚痴を吐けば一瞬のスッキリ感は得られますが、愚痴を吐くことで愚痴を倍増させる"負の連鎖"に入っているかもしれません。

 

参考:愚痴を言うのは悪い事なのか?愚痴を吐き出す時に気を付けたい5つの事

 

愚痴を言ったところで根本的な問題解決にはなりませんし、もはや愚痴る意味なんてほとんどないですね。

 

愚痴は嫌わるよ

f:id:nurahikaru:20171104173743p:plain

『愚痴』『悪口』『文句』ばかり言う人をどう思いますか?

ネガティブな感情は、自分に向けられたものではないとしても見ていて気分の良いものではありません。

Twitterで愚痴を吐けば、それを見たフォロワーさんもネガティブな感情を抱くことになります。

時々なら愚痴を呟いて良いかもしれません。心配してくれる人もいるでしょう。

頻繁に愚痴を吐いていると、「愚痴ばっかり言う奴」「文句ばっかり言う奴」「人の悪口を言う奴」というレッテルを貼られることになり、好意的には見てもらえなくなります。

愚痴ツイートをしている人にお訊きしたいです。

あなたは、人の愚痴を見聞きしたいですか? 愚痴や悪口ばかり言う人をどう思いますか?

「うるせぇ!俺が何を言おうと勝手だろ!」

という意見もあります。その通りです。

愚痴を言うということは、人を不快にさせる可能性、人に嫌われる可能性、人が離れていく可能性が高いです。それでも良いと思っているなら、どうぞ勝手に愚痴ってください。

一瞬のスッキリを得られるだけで、どんどんネガティブな感情を溜め込んでいくだけの『愚痴』をわざわざ呟いて嫌われに行くことに僕は意味があるとは思いませんが。

 

「嫌なら見るな」と言うけれど…

Twitterは自由な場所です。

ルールの範疇であれば、ツイートが誰かに制限されることはありません。

「お前の愚痴ツイートは不快だ!」と言われても、「嫌なら見るな!」と返す権利があります。ミュートやブロック機能があるのですから、見る側が自由に対処すればいい話です。

とはいえ、僕は思うのです。

数ある名ツイートの中に愚痴が紛れていたら。8割のツイートは見たいけれど、2割の愚痴ツイートは見たくないとしたら……

 

『嫌なら見るな』は暴論ではないでしょうか?

 

魅力的なツイートをしている人を、ブロックやミュートにすることは非常に心苦しいです。

現在のTwitterには、愚痴だけを選別してミュートする機能がありません。

素敵なツイートの中に紛れてくる愚痴ツイートを見たくないがために、全てのツイートをシャットアウトしたくないのです。

「嫌なら見るな!」と言う権利は、間違いなくありますが、ツイートを心待ちにしているフォロワーさんが「愚痴ツイートだけはやめてくれ」と言ったとき、同じことを言えますか?

「見るな!」と切り捨てる前に、少しだけ見る側の気持ちを考えてみてほしいと僕は思います。

※愚痴をツイートするような人のツイートが魅力的だったことは無いですけどね。

 

愚痴には何のメリットも無いよ

愚痴ツイートは、本人にとっても見ている人にとっても損しかありません。

根本的な問題が解決されるでもなく、精神的に救われるでもなく、ただ多くの人にネガティブな感情をばら撒いているにすぎません。

毎日、愚痴ツイートをするということは、フォロワーに向けて毒ガスを吹きかけているような最悪の行為だと僕は思います。

「それでも愚痴りたいんだ!!!」という人は、やり方を考えて欲しいものです。

 

提案:別アカを作れ

f:id:nurahikaru:20171104173805j:plain

 

愚痴ツイートをする人に提案なのですが……

 

鍵(非公開)の別アカウントを作って愚痴れ!!

 

愚痴専用のTwitterアカウントを作って、そこでつぶやきませんか?

ここまで書いていて、愚痴はタバコに近い気がしました。

吸っている本人は「おいしい」「気持ちいい」と感じるけど、本当は体に害があって、周囲の人には副流煙という形で迷惑を掛ける。

タバコには喫煙所があります。喫煙者を特定の場所に集めてタバコを吸わせる。非喫煙者にとっては迷惑を被ることがなく、喫煙者にとっては思う存分タバコを吸える。非常に合理的な空間です。

同じように、愚痴を呟く人(もしくは愚痴を見たい人)同士で集まって愚痴を吐き出し合えば、誰の気分も害することなく思う存分愚痴を呟くことができるのではないでしょうか。

鍵をかけた愚痴専用の別アカウントを作るだけで、発信する側、見る側、双方にとって損をすることがなくなります。

 

僕が何を言ったところで愚痴ツイートをする皆さんがどうするかは自由です。

ただ、少しだけ考えてみてください。

あなたの愚痴が、脳や精神に与える影響、周囲に与える印象についてです。

考えたうえで、「なんで俺が別アカを作らなきゃいけないんだ!」「好きに呟かせろ!!」と思うのなら、どうぞご自由に。

愚痴をつぶやくことで周りから軽蔑されていくことも、ポジティブな発言を繰り返して良い印象を与えることも、あなたの自由なのですから。

【体験談】ギャンブル依存症:パチンコに悪ハマりした僕の2年間

f:id:nurahikaru:20160607160313j:plain

以前書いた以下の記事が、多くの人に読まれています。ありがたいことです。

パチンコで苦しい思いをしている人(した人)は、僕が思っている以上に多いのかもしれません。

日本では、成人男性の約1割がギャンブル依存症と言われています。

10人に1人が何らかのギャンブルにハマり、それに依存していると…

これは、他の国に比べてかなり多い数字です。

なぜなのか?

最大の理由はパチンコにあります。

駅前や大学の近くにギャンブル施設があり、ギャンブルの宣伝がテレビで流れる国

それが日本です。

日本人にとってパチンコは、身近なギャンブルになっています。言い換えれば、ギャンブル依存に陥りやすい国なのです。

しかし、ギャンブル依存症やパチンコ依存症について理解をもっている人は多くありません。「パチンコにハマるのはクズだけだ」と依存者の人格を否定する者もいれば、「意志が弱いからだ」と精神論を口にする人もいます。

パチンコ依存症を経験した身から言わせてもらうと

 

パチンコ依存症は病気

 

です。一般的にはもちろん、依存症の当事者さえもこの認識が甘いような気がします。

確かに僕は、「クズ」で「意志の弱い人間」かもしれません。しかし、誰にでも、どんな人にでも、パチンコ依存症になる可能性はあります。

 

パチンコ依存症は病気です

 

何度でも繰り返します。依存症は病気。精神力だけでは、どうにもならない欲求の異常事態です。

「この記事をキッカケにパチンコ依存・ギャンブル依存症への理解を深めてもらいたい」と思い、僕がパチンコと出会い、パチンコ依存症になり、最終的には克服した2年間について書いていきたいと思います。

パチンコの怖さ、依存症の恐ろしさに少しでも関心を持ってもらえたら幸いです。

 

この記事を読んでほしい人

 

  • パチンコが好きな人
  • パチンコ依存症かも? と思っている人
  • 周りにパチンコにハマっている人がいる人

 

続きを読む

逆立ち(倒立)の効果的な練習方法は? 一瞬でデキるようになる裏技を紹介!

f:id:nurahikaru:20160506124922j:plain

デキなかったことがデキるようになる。

 

これほど成長を実感できる瞬間はありません。

 

このエントリーでは、逆立ちが一瞬でデキるようになる、魔法のような方法を教えます。

 

以前、武井壮さんがテレビで語っていた逆立ちのコツです。

 

実は、ちょっと考え方を変えるだけで逆立ちは簡単になります。

 

信じられないかもしれませんが、時間とスペースがあれば、ちょっとだけチャレンジしてみてください。

続きを読む