読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぬらブロ

ダメなオトナの雑記ブログ(ライフハック)

『侍JAPAN』最大の名場面は!? WBC2017日本代表を振り返る!

f:id:nurahikaru:20170322173518j:plain

現在おこなわれていますWBC2017。残念ながら日本代表は準決勝敗退となってしまいました・・・。

 

厳しい戦いが予想されていましたが、メジャー各球団のクローザーが次々と出てくるアメリカ投手陣を打ち崩すことは想像以上に難しかったですね。正直、今は残念な気持ちのほうが大きいです。

 

しかし、侍JAPANは大いに僕たちを盛り上げてくれました。準決勝で敗れるまで全勝。緊迫したゲームをものにしていく雄姿は最高のエンターテイメントだったと思います。

 

そこで今回は、こんな企画を用意しました。

 

 WBC2017 侍JAPAN 魂が震えた名場面ベスト5!!

 

僕が独断と偏見で選んだWBC日本代表の名場面をランキング形式で5つ紹介していきたい思います。賛否両論あるかと思いますが、ご自身のランキングと照らし合わせながらご覧ください。

第5位 走り打ちを好守でアウト!

2次ラウンドのキューバ戦。相手の1番バッター サントス選手は1塁方向に走り出しながら打つ「走り打ち」という技を使う選手なのですが、日本のショートを守る坂本選手がこれを阻止!!

 

個人的には、二遊間の守備力の高さが今大会の日本代表を支えていたと感じています。

 

坂本選手の馬力のある守備で、塁に出すと厄介な選手をアウトにしたプレーは、記憶には残りにくいですが非常に価値のあるプレーだったのではないでしょうか。

 

第4位 これぞキャッチャー!

1次ラウンドのオーストラリア戦。1アウト1.2塁の場面で球数制限の菅野投手に代わり中日の岡田投手が登板しました。

 

しかし、コントロールが定まらず、暴投でランナーを進め、フォアボールで満塁に。次のバッターにも2球ボールが続き、誰もが失点を覚悟する展開となります。

 

ショートの坂本選手が岡田投手を何度も励まし、サードの松田選手も大きい声を出し、スタンドからも「がんばれー!」の声が響く中、捕手の小林選手がタイムを要求しマウンドに向かいました。

 

少し前に権藤投手コーチが出てきてタイムをとっているので、普通はわざわざタイムをとったりしないと思うのですが、岡田選手を落ち着かせるために小林選手はあえて間を取りました。

 

この時、小林選手は岡田投手に「どの球ならストライクがとれる?」と聞いたそうなんですが、岡田投手の答えは「何もありません」だったそうです。

 

おいっ! と思わずツッコミを入れたくなるところですが、小林選手は「大丈夫、自信をもって真っ直ぐでいこう」と声をかけました。

 

そして、要求したボールはど真ん中のストレート。岡田選手は力みがとれたのか、腕を振りぬき、セカンドゴロでゲッツーという形になりました。

 

この直後の小林選手の笑顔や岡田投手の背中を叩く姿が印象的で、「これぞ、投手を支えるキャッチャー!」と感動しました。投手に対する気遣いができることもキャッチャーにとって大切な要素です。

 

今大会、まったく期待されていなかった(招集されていることすら疑問視されていた)小林選手が、大舞台でどんどん成長していく姿に驚いている人も多いのではないでしょうか? これを一番喜んでいるのは、間違いなく巨人の高橋監督でしょうね。

 

第3位 国際試合の熱!!

アメリカ戦の8回、2アウト1,2塁での筒香選手の打席。

 

1点差の終盤チャンスの場面で好調の4番バッターが打席に立ち、会場のボルテージは最高潮に達します。アメリカのファンも日本のファンも立ち上がって声援を送り、両者の声がぶつかり合う異様な雰囲気を作り出していました。

 

テレビ画面越しにも熱気が伝わってきましたね。

 

国を背負った国際大会の熱を感じられる素晴らしいシーンだったと思います。

 

ここで筒香選手が「おぉ!?」と思わせる当たりを打つもライトフライ。力負けしたような印象を受けましたね。悔しい!

 

第2位 日本の4番になってしまった!

今大会、打線で目立っていたのは4番の筒香選手。バッターボックスでの存在感はさすがでした。

 

中でも特に印象的だったのがイスラエル戦の6回。0-0と均衡した展開で誰もが1発を期待する中、見事バックスクリーンにホームランを放ちます。

 

テレビでリポーターを務めていた中居正広さんが「打ってほしい場面で打ってくれるのが筒香選手…」と言った直後に出たホームランだったことも印象に残るポイントでした。

 

一緒に見ていた僕の父親が「日本の4番になってしまったな・・・」と呟いたのですが、父は滅多に野球選手を褒めないので、我が家では大事件です!

 

おそらく日本人の99.9%が筒香選手を日本の4番だと認めた瞬間だったでしょう。

 

第1位 名手・菊池ここにあり!!

今回の日本代表で最も印象に残ったプレーは、1次ラウンド初戦の初回に生まれたこのプレー。

 

内野安打とエラーでノーアウト1,2塁となり、いや~な雰囲気が流れる中、一二塁間への速い打球を見事にさばきゲッツーにした菊池選手!!(中田選手もナイスキャッチ!)

 

名手・菊池の存在感を見せつけた瞬間でした。

 

この後も、菊池選手は度々チームを救う好プレーを見せるのですが、初戦の初回に飛び出したビッグプレーが快進撃のキッカケになるプレイだったと思います。ここで点を取られていたら、全く違う展開になっていたかもしれません。

 

的確なポジショニング、予測からくる鋭い出足、普通の人なら追いつけない打球に追いつき、取ってからのスローイングも速い。「セカンドに飛べば安心」というカープファンの気持ちがよくわかりました。

 

守備能力の高さがどれだけチームを助けるか。野球におけるディフェンスの重要性を菊池選手には教えてもらいましたね。

 

本当に素晴らしい!

 

侍JAPANお疲れ様!

以上が僕の選ぶ『侍JAPANの魂が震えた名場面ベスト5』です。

 

他にも素晴らしいプレーはたくさんあったのですが、個人的な好みでこの5つを選ばせていただきました。

 

本当に今大会はおもしろかったですね。まだまだ問題の多い大会ではありますが、「野球が好きなんだな」ということを改めて感じることもできました。

 

ただ、準決勝のアメリカ戦を見ると、日本の選手(特に打者)はもっともっとレベルアップしなければいけないし、メジャーリーグで活躍するようなバッターが複数人出てこないと、今後は優勝するのが難しくなるのかなと思います。

 

次回以降は、ワールドクラスの選手を揃えて大会に挑んでほしいですね。

 

というわけで、僕が独断と偏見で選ぶ侍JAPAN魂が震えた名場面ベスト5でした!

 

良かったらあなたのベストプレーもコメント等で教えてください!

 

ぬら ひかる(@hikaru_nura) でした!!ばいばい!