読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

数学は中二で卒業しました

伝えたいことを書いていく。雑多雑記ブログ。

うなじニキビの原因と治し方について。大事なのは基本を徹底すること!

ニキビ改善 頭皮・髪の毛

f:id:nurahikaru:20150216143224j:plain
うなじ(後頭部)にできたニキビの原因と対策について解説していきます


数年前まで、顔や体に大量のニキビがあった僕ですが、最近は数えられるくらいまで減りました。


【関連エントリー】


しかし、未だ頻繁にニキビが発生する箇所があります。


うなじ(後頭部)


です。

人によっては魅力的な箇所ですが、僕にとってはニキビができたり治ったりを繰り返すデッドゾーンになっています。

うなじニキビの原因を推測する

うなじにニキビができたのはここ2,3年です。

気づいていなかっただけかもしれないですが。

原因を考えていきます。

シャンプーのすすぎ残し

脱シャンプー(湯シャン)を始めた頃に少し落ち着いたので、シャンプーのすすぎ残しが原因の1つと考えられます。

うなじニキビのある方は、後頭部までしっかりシャンプーをすすぎ落としましょう。

頭皮にニキビがある場合、シャンプーのすすぎ残しを疑うのは基本です。

生活リズムの影響がモロにでる

うなじニキビが発生するタイミングは、生活リズムが乱れている時です。

特に、寝不足でいるとお告げのようにニキビができます。

「アナタ寝不足だよ~」って。

僕は、顎にもニキビができやすいです。

不規則な生活がニキビの原因になっています。改善しなければいけません。

夜(22時~2時)しっかり寝ることが大切ですね。

これもニキビを改善したいなら基本中の基本です。

手で触る

うなじは自分の目で見ることができません。

僕は、手で触って確認をする癖があります。

「ニキビできてないかな?」と後頭部周辺を触るんです。


後頭部ニキビが悪化するのはコレが原因なんじゃないか?


ニキビができたらニキビ部分を触らないのは基本中の基本です。


【関連エントリー】


ニキビに触れると、手に付いたバイ菌が刺激になり悪化の原因となります。

しっかり洗ってるから大丈夫だよ!!

と言っても、ダメです。手を洗って何も触っていないならまだしも、普段の生活の中で手は基本的に汚れています。

しかし、手で触らなければうなじニキビの有無は確認できません。ならば・・・


気にしなければ良い


ニキビを気にしすぎるのはストレスに繋がり悪循環を生みます。

やることをやったら後は気にしない、気が付いた頃に治っている……

というのが理想です。

結局は基本的なこと(対策・まとめ)

  • うなじニキビを改善する方法は…
  • シャンプーをよく洗い流す
  • 生活リズム、特に睡眠不足に注意する
  • 手で触らない
  • あまり気にしない


追加で、枕カバーを毎日変える(洗う)も意識して欲しい点です。

寝る時に後頭部が触れますし、寝かたによっては肌も触れますから。

僕は毎日変えています。基本です。


うなじに限らず、全てのニキビに言えることですが


ニキビを治そうと思ったら基本的なことを徹底することが大切です。


結局は基本です。

ニキビの原因は『睡眠・食事の乱れ』『スキンケアの間違い』『不清潔』であると僕は考えています。


【関連エントリー】


ちなみに。

うなじニキビの原因は髪の毛にあるのではないか?

と考えたこともありました。

僕の髪の長さだと、ニキビができている部分に毛先が当たるからです。

しかし、髪の毛が短くてもニキビはできますし、長くても生活リズムが安定していればニキビはできませんでした。

あまり関係はないようです。

(前髪の刺激がおでこニキビの原因になることは多々ありますよ)