読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

数学は中二で卒業しました

29歳独身男のちょっとだけ役に立つ雑記ブログ

人見知り克服!ツイキャスの新機能『誰でもコラボ』が初対面の会話練習に最適だ!

サイト・ブログ紹介

人見知りやコミュ障に悩む方々へ、ツイキャスの新機能『誰でもコラボ』をおすすめします。

f:id:nurahikaru:20141211144657p:plain

11月の中旬頃から実装されている『誰でもコラボ』。現在はテスト段階ということで映像配信は行えませんが、ラジオ配信のみで利用することができます。

これが、初対面の人との会話練習に最適だと僕は思うんです。

・・・その前に、『誰でもコラボ』ってなんやねん? って話ですよね(笑)

誰でもコラボとは?

ツイキャスのライブ配信モードの1つです。

f:id:nurahikaru:20141211205357j:plain

『誰でもコラボ』に配信モードを設定すると、他の『誰でもコラボ』に設定している人とコラボ配信をすることができます。

相手はランダムで選出され、コラボを拒否することや途中で中断することはできますが、基本的には相手を選ぶことはできません。

要は、『ランダムに選ばれた知らない人と会話(ツイキャス)する機能』です。

誰でもコラボやってみた

僕もこの機能を試してみたのですが、ツイキャス利用者は若い人が多いので10代〜20代前半の方とコラボする機会が多かったです。

男女比率は変わらないと思います。

コラボが開始される前に相手のアイコンと名前が表示されるのですが、それだけだと男性か女性か判断できません。声を聞くまでどちらか分からない、というのは緊張感がありますね。

コラボが開始されると、配信画面のコメント欄に相手のプロフィールが表示されます。自身のプロフィールをしっかり書いておくと会話の助けになるかもしれません。

試されるトーク力

基本的にはプロフィールを元にトークを進めていきました。

こちらの話が面白くなければ、相手から強制終了させられたりするので心が折れそうになります。が、気にしてはいけません。

中には僕以上に喋れない方もいますし、不思議な価値観を持った人もいます。

「おいくつですか?」と聞いても、「あっ、まぁ適当で」と言ったきり無言の人もいましたね。こちらが話しかけても無視するんです(笑)

こんな感じで、誰でもコラボをやっている人は全員トーク力皆無のコミュ障ばかりですから(偏見)自信を持って会話の主導権を握って良いのかな、と思います。

実践から学んだこと

今回、初対面のツイキャスユーザーさんとお話ししてみて、自分なりに『初対面会話』のコツみたいなものを掴んだので、なんの参考にもならないですが紹介しておこうと思います。


相手の趣味に触れる

特に若い子に多かったのですが、プロフィールに書いてあるワードに触れるとテンションが上がるんですよね。

年齢や性別は書かれていなくても、趣味や興味のあることはプロフィールに書かれていることが多いです。自分はまったく興味のないジャンルでもその話題に踏み込んでみることが会話を進展させるために必要かと思います。

「へーギターやってるんだ」

「どれくらいやってるの?」

「バンドとか組んでるの?」

という具合に。これだけでも、相手の方から勝手に喋ってくれますし、会話のリズムを作ることができますね。


軽いノリで

結局は雑談なんですから、ハイテンションとまではいかなくとも肩の力を抜いて話すことが大事だと思いました。

質問をするとしても、インタビューではないですからね。

冗談を言ったり適当なこと言ったりする余裕を意識して持つべきです。

堅苦しいと、自分の話も窮屈になるんですよ。普段そんな堅苦しい話し方していないんだから。


学生に学校の話をしない

ツイキャスは若いユーザーが多いので、15歳の中学3年生とかお話しする機会がありました。そこで僕は「受験」について訊いてしまったんですよね。

学生というだけで学校や勉強について聞いてしまうのは考えものだと思います。

受験なんて親や先生から散々言われているだろうし、遊び(ツイキャス)の最中にまで話したい内容じゃないでしょう。

相手が10代だと、ついつい学校の話を振ってしまいそうになりますが、避けるべきですね。

トーク力なんて必要ないが

会話力、雑談力、トーク力、言い方はいろいろですが、別に喋れなくても良いと思うんです。

接客業や喋るお仕事をされている方は別ですが、プライベートにおいて必要のない能力だと思います。

でも、あった方が良い。

初対面の人と会話ができれば、相手に持たれる印象も違ってくるでしょうし、打ち解けるキッカケにもなりやすい。

「明るい人だな」「楽しい人だな」と思われることは、何事においてもマイナスにはならないでしょう。

初対面のコミュニケーションが苦手だな〜と思っているのなら、ツイキャスの『誰でもコラボ』を利用して実践形式の練習をしてみてはいかがでしょうか。

もちろん、単なる遊びとしても楽しいですよ〜。