ぬらブロ

気になった雑学やライフハックを皆さんとシェアするブログ

ダイエット効果抜群の正しいスクワットのやり方

f:id:nurahikaru:20160522145032j:plain

20代も後半になると体型が気になってきた。筋力は落ち、脂肪が増え、体が重くなったような気がする。特にお腹周りは普段の運動不足やだらしない生活を象徴している。鏡にうつった自分が『おじさん』になっている現実は受け入れ難い。


「何とかしなければ!」と危機感は感じても実際には何も行動をしない。筋トレは続かないし、ランニングやウォーキングは面倒くさい。ジムにでも行けば無理やりにでもトレーニングをするかもしれないが、その一歩を踏み出すにはハードルが高すぎる。


「できれば家の中で、無料で、テレビでも見ながらできる効果的なトレーニングはないだろうか?」と、こんなことを考えている人におすすめのトレーニングがある。


スクワットだ。

ダイエットに最適な運動はスクワット

実は、ダイエットに最も効果的な運動はスクワットだ。お腹まわりの脂肪を何とかしたい場合でも腹筋を100回するより、スクワットを10回したほうが効果的とも言われている。


【追記あり】やせたかったら腹筋より「スクワット」をすべし!(プチマッスルライフ第6回) | ライフハッカー[日本版]


詳しい解説は上記の記事を読んでほしい。『スクワット15回=腹筋500回』とまで書かれている。ダイエットに励む人ならスクワットをしない手はない。


本当にー? と疑う人もいるだろう。確かに遠回りに感じる。腹筋や腕立て伏せに比べれば、スクワットは簡単なイメージもある。辛く苦しくなければ『やりきった感』がない。


しかし、あなたは本当に正しいスクワットをしていただろうか?


正しいやり方をしなければスクワットの効果は半減してしまう。単なる屈伸運動が苦しくもなく効果を感じられないのは当たり前だ。


このエントリーではダイエットに効果的な正しいスクワット方法について動画付きで紹介する。

お腹の脂肪+背中の脂肪まで落とすスクワット!


この動画を見ながらスクワットを実践してほしい。


しかしながら、 実際にやってみると結構キツイはずだ。動画の女性は平然とやているが、運動不足の身にはかなり応える。数回でジワッと汗をかいてくる。やり終えた後は息も上がる。


1セット10回を3回が目安と言っているが、決して無理だけはしないでほしい。回数を減らしたり、時間をあけて3セット行うなど、負担のかかりすぎないやり方を模索してほしい。


合わせてこちらの動画も確認しよう。スクワットの正しいやり方についてより詳しく解説されている。



繰り返し見て、正しいフォームを覚えてほしい。正しいスクワットをすると、思っている以上に疲れるはずだ。あなたが今までスクワットだと認識してきたトレーニングは、ただの屈伸運動だったかもしれない。

運動前にスクワットをするのがおすすめ

f:id:nurahikaru:20160522145047j:plain

普段から何かしらのトレーニングをしているなら、運動の前にスクワットを取り入れよう。


ウォーキングやランニングの前にスクワットをすれば、代謝が良くなるので得られる効果も向上する。これは身をもって体感してもらいたい。


ボクは、このスクワットを朝に行っている。基礎代謝が高くなれば、普段の何気ない行動でも消費カロリーが高くなり、脂肪燃焼に繋がるからだ。


出勤前や家事を始める前にスクワットを取り入れてほしい。日常の些細な行動が少しずつトレーニングに変わっていく。

まとめ

  • ダイエットならスクワットが最適!
  • 正しいスクワットのやり方を覚えよう。
  • 朝や運動の前にスクワットを取り入れよう。


正しいスクワットを無理のない範囲で続けていこう。ボクのおすすめは朝。『モーニングスクワット』とでも名付けようと思う。


一緒に、モーニングスクワットは始めませんか?