ぬらブロ

雑学やライフハックをみんなとシェアするブログ

"選べる"は不幸!? 優柔不断を克服して幸せになる方法!

f:id:nurahikaru:20180221200227j:plain

以前、このような記事を公開して優柔不断を克服する僕なりの考え方を紹介させてもらいました。

ゲロ吐くほどの優柔不断を克服しズバッと決断できるようになった方法 - ぬらブロ

実は、メンタリストDaiGoさんのYouTubeチャンネルでも似たような方法が紹介されていたんです。

僕はただ、「悩んでいると疲れるよね」「時間もかかるし損することも多いよね」というつもりで克服方法を紹介していたのですが、DaiGoさんはかなり衝撃的な表現で優柔不断でいることの欠点をお話しされていました。

今回はこれを紹介しつつ、優柔不断であることは不幸の種を撒き続けることであると知ってほしいと思います。

 

優柔不断は不幸になる

心理学者のバリー・シュワルツ氏が提唱する『選択のパラドックス』というものがあります。

簡単に言うと、「人間は選択肢が多いほど不幸になる」というものです。

多くの選択肢の中から人はどれかを選択し、決断をします。しかし、頭の片隅で選ばなかった選択肢に対する後悔が少なからず残るのです。

「うわ~あっちを選んでおけばよかった~」と思わなくても、「あっちを選んでいたらどうなっていたかな?」と考えてしまいます。

後悔は、選んだ決断に対する満足度を下げることにもなります。「もっといい選択があったのではないか?」と考えてしまうのです。

選択肢が多くなればなるほど優柔不断になり、悩む時間や後悔の時間が増え、決断に対する満足度も下がってしまう……

つまり、優柔不断は不幸になる!!

だからこそ、選択肢を減らして優柔不断を克服する必要があるのです。

 

選択肢を減らす方法は??

ゲロ吐くほどの優柔不断を克服しズバッと決断できるようになった方法 - ぬらブロ

 

優柔不断は治らない性格や個性ではない

僕の周りにも優柔不断な人は沢山います。

レストランで注文するメニューが決められない、なんて場面は何度も見てきました。

彼らは、「優柔不断だから~」と生まれ持った特性のように優柔不断を語ります。

治らない性格のように考えているのかもしれません。

しかし、僕はそう思いません。なぜなら僕自身が、大学生の頃に優柔不断を克服しているからです。

優柔不断は生まれ持った性質や個性ではなく、ただの悪習です。

選択肢の絞り方を知らないだけです。

 

優柔不断は不幸の種を撒き続けること

人間は3~5以上の選択肢があると、選ぶことに対してストレスを感じるそうです。

ストレスを溜め続けることは確実に不幸へと繋がります。

僕は元々、買い物の時などに選ぶストレスを感じたくなくて優柔不断を克服しようと考えました。

自分の中で選択肢を少なくできるようになってから、「選択」に対するストレスを感じなくなり、買い物をすることが楽しくなりました。

選択肢を絞る方法を身に着けて優柔不断を克服することは、少しでも自分を幸せにする大切な思考だと僕は思います。

優柔不断でい続けることは、少しずつ不幸の種を撒いているようなものです。

優柔不断は不幸になる』ということを理解して、多くの人が選択肢を減らす意識を持ってほしいでと思います。