読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

数学は中二で卒業しました

29歳独身男のちょっとだけ役に立つ雑記ブログ

突然の頭痛!? 原因は昨日はじめた筋トレかも?【労作性頭痛】

ストレッチ・体操

f:id:nurahikaru:20160415201533j:plain

先日、妹が朝から呻き声を上げていました。二十歳を過ぎた大人のリアルな呻き声ですよ。聞いてるだけで気分が滅入ります。妹は生理痛が酷いので、時々こうして寝起きに苦しんでいることがあるんです。


「またかー……」と思いながら様子を見に行くと、なにやらいつもと雰囲気が違う。聞くと、「頭が痛くて動けない」と言うんです。生理痛ではない。今までに経験したことがない痛みだ、と。原因は分かかりません。特別変わったこともなかったのに、急に激痛が襲ってきた。


対処の仕方が分からなかったので、首や肩周りをマッサージしてあげることに。「痛みは引かないけど随分と楽だ」と言うので、1時間ほど続けてあげました。その後、お昼過ぎには完全に痛みがなくなったようです。


嵐のようにやって来て去っていた激痛。妹は、「偏頭痛なのかな?」と、原因が分からず不安そうにしていました。


しかし、ボクは1つ心当たりが思い浮かんだんです。もちろん、医学に関しては素人ですから心当たりに根拠なんてありません。ただなんとなく、「頭痛の原因は、筋トレではないか?」と考えました。普段運動しない妹が、顔を真っ赤にしながら行っていた腹筋運動。これに原因があるんじゃないか?

頭痛の原因は筋トレ??

寝る前、妹は腹筋運動をしていました。仰向けで寝転がり、足を上げる運動です。男性がやってもけっこう大変な運動ですよね。これを10×3セットくらい。息を止めた状態で、梅干のように真っ赤にしながらやっていました。
f:id:nurahikaru:20160410142721p:plain

これが原因ではないか? と思ったボクは、『頭痛 筋トレ』で検索をかけてみることにしました。そしたらなんと! 筋トレが原因で起こる頭痛を見つけたんです。


労作性頭痛

労作性頭痛とは?


筋トレで頭痛が起きる?その原因と予防法を知ろう!!|welq [ウェルク]


筋トレ中もしくは筋トレ後など、体を使ったことで頭痛が起こることがあります。こうした運動などによる頭痛を「労作性頭痛」と言います。労作性頭痛は、良性労作性頭痛とも呼ばれおり、主な原因は血管が拡張することによって起こる頭痛だそうです。


妹の頭痛の原因は、慣れない運動を行ったこと、準備運動をせずに急激な運動を行ったことによる、脳内の血管の拡張。呼吸を止めてた状態で筋トレを行ったことによる、急激な血圧の上昇ではないかと考えられます。


普段、妹はまったく運動をしていませんでした。でもこの日は、何を思ったかいきなりハードな腹筋運動を開始した。もちろん準備運動などせず、筋トレの基礎知識も無いままにです。誤った方法が激しい頭痛を引き起こしたんですね。

労作性頭痛を治す方法

調べてみたところ、安静にしていることが一番とのこと。


人によって個人差はありますが、数時間カラダを休めていれば痛みは和らぎぐようです。実際、妹も4時間ほどで痛みは無くなりました。ただし、痛みが和らいだからと言って油断せず、しばらく筋トレはお休みしたほうが良いかもしれません。


長引くようなら病院へ。


当然ですが、あまりに頭痛が長引くようなら病院で診察を受けましょう。頭ですからね。素人判断では何があるか分かりませんので。

労作性頭痛を防ぐ対策

f:id:nurahikaru:20160415201935j:plain

妹は間違った筋トレ法を実践したことで、労作性頭痛になりました。しかし、正しいやり方で運動すれば、労作性頭痛は必ず防ぐことができます。何事も知識が大事なんです。


以下に、労作性頭痛にならないための対策をまとめます。

準備運動はしっかりと行う。

どんな運動もしっかり準備運動を行い身体を温めましょう。時間をかけて全身をストレッチするのがおすすめです。激しい運動をするなら尚更。

筋トレ中は呼吸を止めない

これは筋力トレーニングにおける基本ですが、知らない人も多いように思います。


チカラを入れるときほど息を止めてしまいがちですが、筋トレ中は逆。チカラを入れるときに息を吐き、呼吸を止めないようにしましょう。


筋トレ中に息を吐くことで、血圧の上昇を抑える効果があります。妹は、息を止めた状態で顔を真っ赤にしながら負荷をかけていたがために、労作性頭痛になってしましました。

軽めの負荷から始める

久々に運動する方は労作性頭痛になりやすい傾向にあります。いきなり激しい運動を開始するのは危険です。


「昔はこれくらいできた」と、若い頃のイメージのままに身体を動かしてしまうと大変なことになります。ランニングは歩くほどのペースで。筋トレは負荷の小さい方法から始めるようにしましょう。


なにより、大変だと続きません。運動も筋トレも、1回に強い負荷をかけることより毎日続けることのほうが何倍も重要です。

頭痛の原因は意外なところに!

頭痛の原因は様々ですが、間違った運動や筋トレも急な頭痛を引き起こす原因になります。今回の件で改めて、運動は正しい方法で行わなければ危険であると再確認できました。


方法を間違えれば労作性頭痛だけでなく深刻な怪我にも繋がります。身体を鍛えるために始めたトレーニングで身体が動かなくなるなんて笑えない冗談ですよね。


妹もコレに懲りて、普段から少しずつ身体を動かす決意を固めてくれました。ボク自身も、毎日少しずつの運動を継続しながら生きていきたいと思います。気をつけよう。


今回、参考にさせてもらったサイトはこちらです。

- 筋トレで頭痛が起きる?その原因と予防法を知ろう!!|welq [ウェルク]
- 筋トレ後の頭痛を治す方法|原因と対策!|JOOY [ジョーイ]


おすすめの関連記事はコチラ