読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

数学は中二で卒業しました

自分に役立ったことは皆にも役立つと考え何となく運営しているライフハック系の雑談ブログ。

【パズドラ】「友達いないけど協力(マルチ)プレイがしたい!」相手を見つける簡単な方法

ゲーム

f:id:nurahikaru:20160501171444j:plain

2016年4月28日にアップデートされたVer.9,1から、パズドラはほぼ全てのダンジョンで協力プレイ(マルチプレイ)が実装されました。


スタミナの消費が半分になる協力プレイは、ソロプレイよりもかなりお得。課金ユーザー、無課金ユーザー問わず、これを利用しない手はありません。


しかし、こんな声もよく耳にします。


「協力プレイをしたいけれど相手がいない」


友達がパズドラをプレイしていなければ、誰かを誘って一緒にプレイすることは難しい。もし、いたとしても、使っているリーダーや挑戦したいダンジョンが噛み合わなければ一緒にプレイするメリットは少なくなってしまう。


今回は、「パズドラで協力プレイをしたいけれど、相手がいない!!」というユーザーの為に、ボクが利用している協力プレイ相手募集方法をご紹介します。これで実際に、協力プレイを、行きたい時に行きたいダンジョンでプレイすることができています。

SNSを利用する

ボクは主にTwitterを利用していますが、かなり高い確率で協力相手を見つけることができます。


方法は簡単。ルームIDと簡単な情報(挑戦するダンジョン、希望のリーダーなど)をツイートするだけです。


このとき、「#パズドラマルチ」のハッシュタグを利用すると、より多くの人にツイートを見てもらえます。逆に、「#パズドラマルチ」で検索をし、自分の希望と合う募集を見つけるのも方法の1つです。


f:id:nurahikaru:20160503200922j:plain


フォロワーを増やしておくと、必然的にツイートを見てくれる人数が増えるので、パズドラ専用のアカウントを作るなどして、パズドラユーザーとの繋がりを作ることもお勧めします。


フォロワーを増やす具体的な方法はこちらをお読みください。
1週間で1000人!Twitterのフォロワーを増やす簡単な方法。


SNS上で協力相手を探すメリットは、その後も繋がりを継続できることです。「今からマルチいけませんかー?」と連絡を送りあえる仲間が多くなればなるほど、意思疎通のとれた効率の良いプレイが可能になります。

掲示板アプリを利用する。

協力プレイの募集に特化した掲示板アプリを利用するれば、簡単に相手を見つけることができます。


ここでは、ボクが実際に使用しているアプリを2つ紹介します。

超絶協力 for パズドラ

f:id:nurahikaru:20160503200953j:plain

パズドラの協力募集に特化した掲示板アプリ。


ダンジョンと使用したいリーダーの2つで募集を検索でき、都合の良い相手を見つけやすいアプリです。


f:id:nurahikaru:20160503201054j:plain


投稿画面は内容が保存されるので、IDさえ貼りかえれば何度も同じ条件で投稿することが可能。


※追記
今では連戦機能があるので、1度マッチングすれば何度も同じ相手とダンジョンに挑むことができます。


マイペースに周回をしたい人や、特定のリーダーでダンジョンに挑みたい人は、『超絶協力 for パズドラ』を使っての募集&検索がおすすめです。


f:id:nurahikaru:20160503201038j:plain


HIROBA

f:id:nurahikaru:20160503201203j:plain

掲示板と言うよりもSNSに近い機能が備わっている『HIROBA』。パズドラ以外の人気ゲームアプリにも対応しています。


掲示板への投稿は多く、募集をかければ高確率でマッチングすることができます。検索機能はダンジョンの指定しかできず、リーダーなどの条件を絞れない点が残念。


f:id:nurahikaru:20160503201244j:plain


最大のポイントは『ルーム』というチャット機能。チャットでコミュニケーションをとりながらパーティーの相談等ができます。まとまった時間に周回したい場合は、ルームで一緒に周回してくれる相手を募る方法がベストです。


f:id:nurahikaru:20160503201315p:plain


最強は2端末持ち

SNSでの募集や掲示板を利用するなんて面倒だ!! と言う人もいると思います。


そのような人は最終手段。別端末を利用した、1人協力プレイです。相手関係なく協力プレイができるので、最強の方法と言って良いでしょう。


唯一の難点は、サブアカウントも育てておかなければいけないこと。元からサブアカウントでもパズドラを楽しんでいた方は勝ち組ですね(笑)

協力募集の確率を上げるためにするべきこと

f:id:nurahikaru:20160503202050j:plain

ここまでパズドラの協力プレイ相手を募集する方法を紹介してきましたが、必ずしも高確率でマッチングされるわけではありません。


挑みたいダンジョンや使用するリーダーによって、簡単には相手が見つからない時があります。


特にリーダーは重要です。いまどき、エンシェントドラゴンでマルチの募集をかけても、一緒にプレイしてくれる人はいないでしょう。


時代に合ったモンスター、その時々の流行、人気のリーダーを把握しておく必要があります。そして極力、流行に合わせたパーティーを作っておく。


今現在のマルチプレイにおける主要のリーダーは・・・


マシンゼウス

マシンヘラ

ヨミドラ

シヴァドラ

ヤマトタケル

覚醒パンドラ

劉備(※追記)


この辺りになります。まだプレイ期間の短い無課金ユーザー、ライトユーザーの方々にとってはハードルの高いモンスターでしょう。しかし、この辺りのリーダーでなければ相手を見つける難易度は高くなります。

まずは、人気のリーダーを育成しましょう。特にヨミドラは入手難易度や使い勝手を考えてもおすすめの1体です。

忘れないで!ゲームの目的は楽しむこと!

パズドラは元々1人で遊ぶゲームでした。他人と比べる必要もない。好きな時に、好きなモンスターでプレイできる。人間関係のストレスが少ないことが長所の1つでもありました。


しかし、協力プレイは嫌でも他人と自分を比べることになります。リーダーやパーティーを相手に合わせなければならないからです。


本来、自分のペースで進めていくべきゲームですが、協力プレイはマイペースを壊す存在になりました。人間関係も絡んでくる。自分のミスならまだしも相手がミスをすれば今まで以上にイライラします。


ゲームの目的は「楽しむ」こと。イライラしたり、相手に合わせてプレイすることではありません。


確かに、協力プレイはお得な機能です。育成が捗ったり、勝てなかったダンジョンに勝てるなどのメリットもある。でも、忘れないでください。


ゲームはマイペースに進めていくものだということ。他人と比べる必要はないということ。今までどおり、ソロで楽しんでいくことも決して間違いではないということ。


沢山の人が楽しくパズドラを続けてくれたら、ボクもいちユーザーとして嬉しいです。