ぬらブロ

雑学やライフハックをみんなとシェアするブログ

美容皮膚科でニキビは治らない! ニキビ治療を途中でやめた3つの理由

f:id:nurahikaru:20180226175900j:plain

どうも、ぬらです。

僕は2016年の10月からニキビ治療のため美容皮膚科に通院していました。

自分でも7~8割はニキビが治ったと言い切れます。数年前に比べたらかなり良くなりました。

セルフケアはNG!!ニキビを治すなら美容皮膚科に行くべき理由

しかし、2017年の11月。治療を始めて約1年で通うことを止めました。

その理由についてお話をしようと思います。

これからニキビ治療で美容皮膚科に行ってみようと思っている人や、美容皮膚科でニキビ治療を行っている人(効果を実感できていない人)に読んでいただきたい内容になっています。

僕がニキビ治療を止めた理由

ニキビが思うように治らなかったから

僕が美容皮膚科に通うのを止めてしまった理由は、単刀直入に言うと『ニキビが思うように治らなかったから』です。

当然、数か月で完治するとは思っていませんでした。2年3年…それ以上かかっても治ると信じることができれば続けるつもりでいました。

しかし、最初の3ヶ月は改善が見られたものの、途中からはニキビが悪化しているような気さえし始めたのです。

元々、一番の悩みだった口周りのニキビは明らかに悪化しており、薬を塗った後の方が酷くなっている気さえしました。

そのことを先生に相談しても、より強いニキビの薬を処方されるだけで、最終的には、「やれるだけの治療はしているんだけどな…」「男の人は髭を剃るから口周りは仕方ない」と諦めに近いことを言われるようになりました。

ニキビが改善していないどころか悪化しているにも関わらず、薬以外の変化を加えようとしない美容皮膚科の先生に失望して通院を止めることにしました。

 

「薬を止めたら再発する」から

僕がニキビ治療をするうえでの最終目標は、ニキビができにくい肌になることです。

しかし、美容皮膚科の先生からは、「薬を塗って改善しても、止めたらまた再発するから」と言われました。

つまり、今やっているニキビ治療は根本的な解決ではなく、薬でニキビができにくい状態を維持することだったのです。

もちろん、薬でニキビができにくい状態を維持しながら、体質改善などを行ってニキビがデキにくい状態を作っていくのかと思いましたが、食事等に関する指導は一切なし。

「チョコレートばっかり食べてたってニキビができない人はいるしね」「睡眠不足も、極端じゃなければそんなに問題ないんじゃない?」と普段の生活はニキビに影響がないような発言までしていました。

根本的な改善を目的にしていた僕と、先生の考え方が一致しなかったことも美容皮膚科への通院を止めた理由です。

 

自分の肌に合った治療とは思えなかったから

美容皮膚科に行った初日、自宅でのニキビ治療に関する説明を受けたのですが、最後までやり方は変わりませんでした。

詳しくは、『』の中で書いています。

特に、保湿クリームは1日に何度でも塗るという部分に関しては、先生から「30分おきに塗るように!」と何度も言われていたのですが、塗れば塗るほどニキビが増える気がするし、本当に30分おきに塗ると肌がヒリヒリしてくる感覚もありました。

なにより、常に脂ぎった顔の見た目は最悪で、手で触るとヌルッとした感触がします。先生にコレを相談すると、「治療なんだから、見た目とか肌触りにこだわっている場合ではない」と言われました。

これだけやってもニキビが思うように改善しなかったので、僕は指示を無視して独自のスキンケアを始めます。

ぬるま湯だけで洗顔するように言われていたのを夜だけ洗顔料を使うようにし、ニキビの薬を塗るのを止め、保湿クリームではなく油分の少ない美容液で保湿するようにしました。

結果、ニキビは明らかにデキにくくなり、特にフェイスラインに関しては今まで頻繁に発生していたことが嘘のようにニキビがなくなりました。

これは自己分析ですが、僕の肌はある程度の皮脂量があるので、油分が多い保湿クリームを大量に使うことは肌に合わなかったのだと思います。

元々、ニキビ治療の説明として渡された紙には男性も女性も同じケアをするように書かれていました。

しかし、男性と女性では肌質に違いがありますし、個々でも条件は違います。

先生は僕の肌を観察したり、状態について詳しく聞くことは1度もなく、常にPCと睨めっこしながら処方する薬を決めていたので、「あぁ、この人は僕の肌に合ったニキビ治療をするのではなく、自分の信念に沿ったニキビ治療を押し付けているだけなんだな」と思い美容皮膚科に通うのを止めました。

 

美容皮膚科に行かなくなって思うニキビ治療の心得

僕は実際に美容皮膚科に行くまで、病院の先生はニキビに対するあらゆる知識を持っているものだと思っていました。

しかし、現実は違うようです。

患者の肌を見て、ニキビの状況を見て、適切な処置をしてくれる先生ばかりではありません。

ニキビという症状を一括りにし、教科書通りの対処をするだけです。

結果が出る人もいるでしょう。しかし、思うような結果が出なかったとき、彼らは2の手3の手を持っていない気がします。

少なくとも僕の見た美容皮膚科医はそうでした。

患者の症状に合わせた適切な処置をするのではなく、病院のやり方を患者に押し付けて効果が出なければ知りません…というスタンスなのです。

病院によってニキビに対する考え方、対処法は違います。

なので僕は、患者が自分に合った治療をしてくれる病院を探す必要があると思います

少しでも効果を実感できなければ、新しい皮膚科に行ってみる『セカンドオピニオン』は必要になるでしょう。

本気でニキビを治したいなら、1つの美容皮膚科に執着するのではなく、不安や疑問を感じた時点で複数の先生に診てもらうべきです。

 

ちなみに僕は、美容皮膚科には通っていません。

ニキビ治療と言えるようなことはしておらず基本のスキンケアを続けているのみです。

詳しくは『簡単1ヶ月!!「肌綺麗だね!」と女性に言わせた男のスキンケア 』に書いていますが、美容皮膚科に通っていた頃よりもニキビができにくくなり、少しずつですが肌は綺麗になっています。

 

1つ勘違いしないでほしいのは、美容皮膚科が意味ないと言っているわけではありません。

0からニキビを治していこうと思ったら、最初は美容皮膚科に行くべきだと思います。

最も怖いのは間違ったセルフケアでニキビを悪化させるどころか、深刻な肌トラブルを招いてしまうことです。

僕自身も、美容皮膚科に行ったことで80%以上のニキビは解決しました。そこから先に希望を見いだせなかっただけで、効果が無かったわけではありません。

『まずは美容皮膚科に行くべき』という意見は今も強く持っています。

ただ、あまり1人の美容皮膚科医を信用しないことが大切です。

ニキビには様々な種類があり、様々な治療法があります。