ぬらブロ

雑学やライフハックをみんなとシェアするブログ

乾燥肌を改善する洗顔方法 / 男が美肌を目指すなら水洗顔が超おすすめ!

f:id:nurahikaru:20171217222806j:plain

僕(30歳・男)は1年以上、『水洗顔』と呼ばれる洗顔方法を実践しているのですが、この洗顔方法を始めてから、乾燥による粉吹きやニキビが大きく改善しました。

美容効果はもちろん、コストパフォーマンスなど、あらゆる面で優れていると感じたので、このエントリーでは『水洗顔』を超絶オススメしたいと思います。

乾燥肌を自覚している・美容に興味のある男性はもちろん、酷い乾燥肌に悩む女性にも極力取り入れてほしい洗顔方法です。

特別な道具は必要なく、今日からでもできる方法なので今後のスキンケアの参考にしてみてください。

水洗顔とは?

f:id:nurahikaru:20160113133152j:plain

水洗顔とは、『水のみで洗顔する方法』のことを言います。

洗顔料や他の道具は一切使いません。

 

水洗顔の目的

水洗顔の目的は、顔の保護膜である皮脂を極力おとさずに汚れを洗い流すことです。

洗顔料を使うと、皮脂を落としてしまい肌が無防備な状態になります。結果、外部からの刺激(乾燥した空気など)に弱くなり肌トラブルの原因になってしまいます。

これを防ぐために、"皮脂はできるだけ落とさない" これが水洗顔の基本的な考え方です。

 

水洗顔のメリット

  • 乾燥肌の改善
  • 敏感肌の改善
  • 経済的
  • 洗顔時間の短縮

 

乾燥肌や敏感肌に悩む人はもちろん、経済的な理由や時短目的で水洗顔を開始するのもアリだと思います。

※ただしメイクなどの油汚れはクレンジングや洗顔料で落とさなければなりません。

 

水洗顔は汚くないのか?

「水だけで洗顔をする」というと、「汚くない?」と懐疑的になる人もいますが、洗顔の目的は油汚れを落とすことです。油汚れとはメイク汚れを指します。

メイクをしない人にとって落とすべき汚れは顔についた埃やゴミだけです。これらは産毛につくものなので、水で洗い流せば落とすことができます。

 

皮脂を汚れ扱いする人もいますが、皮脂は肌を保護するうえで重要なものです。

とても大切なので何度でも繰り返しますが、皮脂は肌に無くてはならないものであり汚れ扱いして洗い落とすべきではありません。

 

僕も1年以上水洗顔を続けましたが、肌が汚れていく感覚は全くありませんでした。

5000円近くする洗顔料を使っていた時の方が、角栓が溜まり毛穴が開きニキビができていました。洗顔料で毛穴が綺麗になるなんて、嘘だと断言できます。

 

肌を綺麗にしたいなら皮脂は落とさない方が正解です。

 

メイクを落とすために仕方なく洗顔やクレンジングを行い、副作用として皮脂が落ちてしまう、だからこそスキンケアで皮脂の代わりとなる保護膜(乳液やクリーム)を補うわけですが、メイクをすることがない男性にとって、洗顔料を使って皮脂を落とすことはマイナスでしかありません。

 

水洗顔のやり方・注意点

f:id:nurahikaru:20160113133332j:plain

水洗顔の方法は"水で顔を洗うだけ"ですが、いくつか注意点があります。

 

洗顔はあくまで"水" 

水洗顔について調べると、「お湯」「ぬるま湯」というワードがでてきますが、ハッキリ言ってぬるま湯でも皮脂は落ちます。

洗顔をするときは、冷たいと感じる水で洗顔をするのが基本です。(※肌に触れて痛いような冷水はNGです)

細かい温度設定は気にする必要はありません。

 

肌を擦らない

水洗顔だと不安になって肌を擦るように洗う人がいるそうです。これでは肌を傷つけるだけなので、手は肌に触れないことを徹底します。

これは洗顔料を使った洗顔にも同じことが言えます。スキンケアは肌を擦らないことが基本です。

 

保湿ケアは行う

ネットでは水洗顔とセットで語られることの多い『肌断食』(保湿等を一切行わない)ですが、個人的にはオススメしません。

肌状態が健康なら効果はあるかもしれませんが、乾燥肌などのトラブルがある場合は悪化させてしまう可能性が高いからです。

僕も実際に肌断食を続けた時期がありましたが、乾燥が悪化して肌はより汚く敏感になってしまいました。

いくら水洗顔でも皮脂は少なからず落ち水分は蒸発していくので、簡単なスキンケアは必要だと思います。

男性なら保湿成分の入った化粧水を付けて保湿美容液で保湿します。男性は皮脂の分泌量が多いので、水洗顔の後に乳液やクリームなどを使うと肌トラブルの原因になることがあります。どうしても乾燥が気になる場合は、乳液やクリームを薄く付けることがおすすめです。

付け方に関してはこちらの記事を参考にしてください。

肌が弱い人の保湿クリームの塗り方!厳守すべきたった1つのポイント!

 

女性の場合は、男性に比べて皮脂が出にくいので、水洗顔の後でもクリームで油分を補う必要があると思います。ただし薄く塗ることを意識してください。

 

水洗顔は原点に戻る

f:id:nurahikaru:20160113132358j:plain

乾燥肌の原因の大半は、「洗顔にある」と言われています。

これだけスキンケアアイテムが進化している世の中で乾燥肌の人が後を絶たないのは、洗顔料を使った洗顔が当たり前になっているからです。

特に女性は、メイクを落とす為のクレンジングと洗顔料を使った『ダブル洗顔』が一般的になっています。

水洗顔を実践している身からすると、肌を乾燥させようとする「暴挙」にしか見えない行為です(笑)

メイクを落とすことは絶対に必要なので、女性の場合は仕方がないことではありますが、メイクをしない男性が洗顔料を使う必要はありません。

「顔を綺麗にするためには顔を洗え」という考え方は間違いです。

 

子供のころを思い出してください。洗顔なんて水でパパッとする程度。時にはしない日もあったはずです。それでも目立った肌トラブルがなかったのは若さだけが理由だとは思いません。

僕も20歳くらいまでは女性から、「肌が綺麗」と絶賛されていました。肌荒れが起き乾燥肌になったのは、ドラッグストアで買った洗顔料を朝晩使うようになってからです。

 

水洗顔はある意味、原点に戻る方法と言えます。子供の頃のトラブルのなかった肌へ戻りたい。僕はそういう思いで水洗顔を実践し続けています。

肌を綺麗にしたいなら洗顔料は捨てて、水だけで洗顔をしてみてください。きっと洗顔後の感触が違うはずです。