ぬらブロ

雑学やライフハックをみんなとシェアするブログ

男のニキビ最大の原因は傷!? 肌を綺麗にして悩みを解消する"やってはいけない"3つのNG!

f:id:nurahikaru:20180529182955j:plain

ニキビ肌ってなかなか改善しないですよね。

繰り返すニキビの原因は複数あったりするので、1つの原因を取り除いただけでは改善しなかったりします。

僕も、スキンケアはもちろん睡眠や食事にも注意しているのに新しいニキビができ続けてかなり苦労をしてきました。

人よりも気を使っているのに、どうしてニキビができるのかと絶望にも近い感情を抱いてきました。

しかし、ある2つのことを実践したらニキビができにくくなりました。

1つは保湿クリームをやめることです。

 

☆詳しくは以下の記事をクリック!

 

保湿クリームや乳液などの油分を補うことをやめたら、ニキビのできる回数が劇的に少なくなりました。

これまで『ニキビができるのは保湿不足だからだ!!』と念入りにクリームを塗ってきたのですが、まったくの逆効果だったのかもしれません。

それでも、まだ…鼻の下や顎にニキビが繰り返してしまいます。

ホルモンバランスの乱れ?

ストレス?

様々な原因が言われている箇所ですが、僕のニキビの原因はコレでした。

 

 

そうなんです。僕の肌は傷ついていたんです。

は? 何言ってんだよ。顔が傷つくことなんてそんなにないだろ? 

と思った方もいるかもしれません。

でも断言します。ニキビの原因の1つは間違いなくだと。

『傷』と言っても試合後のボクサーのような傷ではなく、目に見えないような小さな傷です。

そこから細菌が侵入してニキビができてしまいます。

つまり…「肌に傷をつけなければニキビの原因は排除できるのではないか?」

と僕は考えました。

 

肌を傷つける原因

f:id:nurahikaru:20180529184125j:plain

僕は肌に傷をつけない為、徹底的に以下のことを実践するようにしました。

 

擦らない・掻かない・触らない

 

多くの人は、無意識に顔を触っています。

顔を触る癖があることを自覚している人も多いのではないでしょうか?

「痒いな」と思って爪で顔を掻いていませんか?

タオルやおしぼりで顔をゴシゴシ拭いていませんか?

これが原因で、顔に小さな傷がつきニキビの原因になることがあります。

「そんなことで?」と思うかもしれません。肌が強い人ならまだしも、ニキビがあるような肌状態の人は、たったこれだけでも肌荒れの原因になるんです。

花粉症シーズンに鼻の下が荒れたりしませんか?

あれは、鼻をかんでティッシュで鼻の下を擦るのが原因です。

思い返してください。人は結構、顔を擦ったり触ったりしています。

 

日常生活はもちろん、スキンケアアイテムの多くも顔を擦るように伸ばすことを推奨しています。

伸びが良いと摩擦が避けられるので擦っていることにはならないのかもしれませんが、僕に言わせればアレも擦っているのと同じです。

 

☆スキンケアアイテムの塗り方には以前からこだわっています。

 

とにかく僕は、どんな時も『擦らない・掻かない・触らない』を徹底しました。

もともと意識していましたが、まだまだ甘かったのです。

ニキビの原因はコレだ!! と決めつけて、より徹底するようにしました。

すると…

ニキビはほとんどできなくなりました。

もし、あなたがあらゆるニキビ対策を実践しているのに効果を感じられていないのなら、自分が傷つけていないか、徹底的にチェックしてください。

どんなに健康的な体でも、どんなに良いスキンケアをしても、肌を傷つけてしまったらどうにもなりません。

あなたがしている何気ない行動が、改善しないニキビの最大の原因になっているかもしれません。

 

最大の問題『髭剃り』

男性の肌トラブル最大の障害と言うべき存在が

 

髭剃り

 

身だしなみを整えるには必須項目で、多くの男性にとって避けることができません。

髭剃り負けして肌が荒れた…という経験は、殆どの男性がしていると思います。

髭剃りは、100%肌を傷つけます。血が出るほどではなくとも、小さい傷は間違いなくつきます。刃を肌に当てているのだから当然です。

どれだけ肌が傷つかないよう意識しても、髭剃りを何とかしなければ意味がありません。

僕も、髭剃りこそが最大の問題点でした。

正確にはニキビではなく毛嚢炎というのですが、ニキビ治療で通っていた美容皮膚科の先生にも、「髭剃りがあるから仕方ないね」と言われていました。

「いや! 髭を剃ろうが何だろうがニキビ(毛嚢炎)は嫌なんだよ!!」と思っていたわけですが…

以下のことを実践するようになってから、髭剃り後のニキビが劇的に改善しました。

 

肌を傷つけない髭剃り

  • 電動シェーバーを使う
  • とにかく優しく
  • 深剃りは諦める

僕が髭剃りで改善した主なポイントです。

最大の変化は電動シェーバーを使用することです。

普通のカミソリとの差は歴然なので、肌が荒れやすい人は今すぐにでも電動シェーバーにしてください。

刃が直接、肌に当たらないので肌荒れはもちろんヒリヒリすることもなくなります。

肌への優しさに徹底してこだわるなら、『回転式』がオススメです。

ウエットシェービング(お風呂剃り)に対応しているかどうかも見逃さないでください。

例えばコレとか・・・

電動シェーバーにすると、深剃りしようと強く肌に押し付けてしまうことが多くなります。

僕もそうで、力は入るし何回も繰り返し剃るしで結局、肌を傷つけていました。

これでは意味がありません。

今は『とにかく優しく』『1~2回で剃るのをやめる』ことを意識しています。

刃が直接当たらないとはいえ、強い力で何回も肌を擦れば傷がつくんです。

当然、優しく剃ることを意識すると深剃りはどうしても難しくなります。

僕はもう諦めました・・・

そこまで髭が濃くないからこそできることだと思います。

どうしても深剃りをしたい人は、最高級の電動髭剃りを購入することを本気でオススメしたいです。

肌も荒れにくく、そこそこ深剃りもできて、電動シェーバーならではの手軽さもあるので、シェーバーにこだわるのは全然アリです。毎日使うモノですしね。

金額にこだわらないのならば、僕はこれを買います・・・

できるだけ安いモノを買いたい!! と言う方は、僕が実際に使った5000円以下で購入できる電気シェーバーをレビューしていますので、参考にしてください。

髭が濃くない方は、これでも充分だと思います。

 

最終手段は脱毛

f:id:nurahikaru:20180529184405j:plain

とにかく美肌になりたい!!!

という意識の高い人には、永久脱毛もオススメです。

髭を剃る必要がなくなるので、肌を傷つけるリスクもなくなります。

ただし、お金と辛抱が必要です。

肌荒れに悩まなくなったり髭を剃る手間がなくなることを考えると、やれるならやった方が良いことは間違いありません。

 

肌は豆腐のように扱う

f:id:nurahikaru:20180529185524j:plain

とにもかくにも、肌は痛めないよう丁寧に扱うことが大事です。

肌を擦らない・掻かない・触らないを徹底すれば簡単に荒れたりはしません。

豆腐を扱うように、優しくしてください。

スキンケアに力を入れるよりも、私生活の中に潜んでいる"肌にとってマイナスなこと"を無くしていくことが、ニキビや肌荒れを治していくうえで効果的だと僕は感じています。

色々なニキビケアを試しているのに、なかなかニキビ肌が改善しないと言う方は、スキンケア・日常生活・髭剃り等で肌が傷つくような行為をしていないか徹底的に注意してください。

何気ない癖や、当たり前にやっていたことが、あなたのニキビ最大の原因かもしれません。