ぬらブロ

雑学やライフハックをみんなとシェアするブログ

カラダの肌を綺麗にする方法:お金をかけずニキビ・ブツブツを治す!

f:id:nurahikaru:20180609113207j:plain

こんにちは、ぬらひかる(@hikaru_nura)です。

僕は顔のニキビと同時に体にできるニキビにも悩んできました。

胸や二の腕に大量のニキビがあり、半袖を着るのも恥ずかしいレベルでした。

今では炎症の痕こそ残っていますが、ニキビは殆どなくなり、時々ポツッとできる程度にまで改善しています。

この記事では、僕が体のニキビを改善するためにやったことの全てをまとめておこうと思います。

 

体ニキビの原因

ニキビの原因は大きく分けて3種類あります。

 

  • 肌の乾燥
  • 皮脂や汗

 

肌が乾燥すると皮脂が過剰に分泌され、ニキビの原因になります。

乾燥の主な原因は、『間違った体の洗い方・洗い過ぎ』です。

 

皮脂や汗は、ニキビもしくは汗疹の原因になります。

定期的に体を洗浄してあげれば、これを防ぐことができます。

 

小さな傷から菌が侵入してニキビなど肌トラブルの原因になります。

体に傷が付く原因は、体を引っ掻く行為や間違った体の洗い方です。

 

以上3つの原因を見ていくと、間違った体の洗い方が肌トラブルの大きな原因となっていることがわかります。

肌を傷つけない正しい洗浄方法で、適度に皮脂や汗を洗い流してあげれば、体のニキビはデキにくくなります。

 

ニキビを治す正しい体の洗い方

f:id:nurahikaru:20180609113242j:plain

基本は、ボディーソープや石鹸を泡立てて、手で撫でるように優しく洗うだけです。

肌が乾燥や傷つくことがなくなります。

タオルなどでゴシゴシと擦る必要はありません。

 

体を洗う回数は、1日に1回までとします。

必要以上に肌の保湿成分を奪わない為です。

夏場や運動の後など、どうしても体を洗いたいタイミングでは水(お湯)で洗い流すだけにします。

水だけでも汗などは落とせますので、臭いの元になることもありません。

 

石鹸を使わないことも有効

極端に肌が乾燥する場合は、ボディーソープや石鹸を全く使用しない方法も試してみてください。

石鹸は肌の汚れを落とすと同時に、必要な皮脂や潤い成分をも落としてしまいます。

皮脂や潤い成分が欠けている乾燥肌の人にとって石鹸はデメリットの方が大きくなります。

湯船に10分ほど浸かる、シャワーをしながら優しく手で撫でる、だけにしてみましょう。

この方法はタモリ式入浴法とも呼ばれ、タモリさんや福山雅治さんが実践していることでも知られています。

彼らの肌はとても綺麗です。

 

スキンケアがニキビの原因になることも

乾燥が気になりオイルやクリームを体に塗る人もいると思います。

保湿しなければ体がガサガサになる、と言うのなら必要です。

しかし、オイルやクリームなどの油分は毛穴を詰まらせニキビの原因になります。

特にデコルテ(胸周辺)は皮脂の分泌量が多いので、丁寧に保湿することが必ずしも正しいとは言えません。

オイルやクリームを塗るよりも、まずは正しい体の洗い方をして、それでも乾燥する場合にのみスキンケアを入念に行いましょう。

 

洗い方1つで肌は変わる!

f:id:nurahikaru:20180609113556j:plain

正しい体の洗い方は…

 

  • ボディーソープ・石鹸を泡立てる
  • 手で撫でるように洗う
  • 1日に1回
  • 複数回洗うときは水で流すだけ

 

これを守れば、必ず体のニキビは減っていきます。

高いスキンケア商品は必要ありません。

やり方を変えるだけです。お金もかかりません。

ゴシゴシと擦って体を洗う人は多くいます。

それで肌が綺麗になる…と思っているかもしれませんが、逆効果です。

是非、正しい体の洗い方を今日から実践してみてください。

また、同じような悩みを抱える人にこの記事をシェアしてくださると嬉しく思います。

自信を持てる肌を目指しましょう!