ぬらブロ

雑学やライフハックをみんなとシェアするブログ

"顔のテカり"を無くす方法

 f:id:nurahikaru:20180209220956j:plain

こんにちは、ぬらひかるです。

突然ですが、僕は以前から "顔のテカり” に悩んでいました。

昔は、それほど気にならなかった(テカっていると思っていなかった)のですが、とある女性に、「ねぇ、顔がテカってると女の子に嫌われるよ~」と言われたことがキッカケで一気にコンプレックスになってしまったんです。女の子に指摘されると傷つきますよね(泣)

で。一生懸命、顔がテカらない方法を探しました。

ネットで検索をし、試行錯誤を続けてました。

そして、ようやくたどり着きました。

ここでは、30歳の僕が導き出した、『男の肌をテカらせない方法』をご紹介します!

 

1、保湿クリーム・乳液は使わない

ネットで顔のテカりについて検索していると、こんな言葉を多く目にします。

 

顔のテカりは肌の乾燥が原因なので、保湿クリームや乳液でしっかりと保湿してください。

 

この言葉を信じて、僕も念入りに保湿クリームを塗り続けました。

なんせ、美容皮膚科の先生にも「保湿クリームは1日10回つけろ」と指示されていたので、信じない方が無理な話です。

 

でもコレ、ですね。

僕のように顔がテカってしまうような人には不向きです。断言します。

特に男性は、女性の3倍もの皮脂分泌があると言われているので、保湿クリームや乳液は極力、避けるべきです。

 

保湿クリームを塗りまくっていた僕の肌は、石油でもぶっかけたのかってくらいテカり、感触はヌルヌルしていました。

「ちょっと鼻が痒いな」と思って鼻を触ったら、べったりと指に皮脂が付くわけです。

こんなんじゃ、女の子に嫌われてしまう!

 

かと言って、何も保湿をしなかったり、化粧水だけでスキンケアをすると、保湿クリームを塗ったとき以上に皮脂が出ます。

水分量が少なくなり肌が乾燥すると、皮脂は過剰に分泌されてしまうそうです。

特に鼻は、霧吹きで水でもかけたのかと思うほど、皮脂が飛び出していました。

 

そこで僕は1つの結論にたどり着きます。

 

保湿クリームや乳液を使わず、ちゃんとした保湿ができれば、顔のテカりはマシになるのではないか?

 

そこで使い始めたのが、これです。

 

2.オールインワンゲルで保湿をする

オールインワン』というと、「ズボラにおすすめ!」「これ1つで簡単スキンケア!」など、『楽』を売りにした宣伝が多いのですが、そういったメリットを除外しても、男性は『オールインワンゲル(ジェル)』を使うべきだと思います。

 

なぜなら、多くのオールインワンゲルは油分が少ないからです。

 

例えば、ボクが使っているのはこれ。

⇒メディプラスゲル

 

これを使い始めてから、肌のテカりやヌルッとした感触はなくなりました。

朝スキンケアして、夕方になってもテカらない、ヌルっとしない!(歓喜)

保湿クリーム信者だったころには考えられない現象です。

これが絶対にオススメ! というわけではないですが、僕はメディプラスゲルが良いと思っているので使い続けています。

 

メディプラスゲルとどちらを購入しようか悩んだのが・・・

ZIGEN

 

男性の肌のことを考えて作られていること、オイルフリー(油分が入っていない)であること、そこそこお求め安い値段であること、ネットでの評判が異常に良い、という点がとても気になっています。

使ったことが無い商品をオススメすることはしたくないのですが、興味のある方はZIGENについて調べてみてください。

 

どちらにせよ、油分が少ないので『保湿クリームや乳液を使わずしっかり保湿する』という僕の理想は実現され、テカりは随分とマシになりました。

これは多くの男性、女性でも皮脂分泌が多くテカりに悩んでいる人には、知ってほしい事実です。

 

3.あぶらとり紙を使う

油分の少ないオールインワンゲルで保湿をして、以前よりもテカりがマシになったとは言え、夜になれば多少のテカりやヌルっとした感触は発生します。

気候や体調、その日に食べたモノによっても皮脂の分泌量は変わってくるので、ある程度のテカりは仕方のないことなんじゃないかな、と今の僕は思っています。

 

そこで重要なのが、あぶらとり紙です。

 

あぶらとり紙を使うと肌が乾燥して余計に皮脂が分泌されてしまうから使わない方が良い

 

と言っている美容サイトもありますが、ハッキリ言って、だと思います。

(僕はこれを信じてあぶらとり紙を使用していなかったです…泣)

まず、あぶらとり紙で皮脂がすべて取れるわけがありません。あぶらとり紙を使った後の肌触りを観察していれば、ある程度の皮脂が残っていることがわかります。

あぶらとり紙で皮脂がごっそり取れるなら洗顔はいらないですからね(笑)

 

そもそも、皮脂や油分は保湿の役割を殆どしていないそうです。

彼らは肌を保護するだけであって、肌の水分を保持するチカラがあるわけじゃないんですよね。

重要なのはセラミドなどの保湿成分であって、皮脂ではないんです。

でなければオイルフリーのスキンケアアイテムは成立しません。

 

というわけで、ちょっと皮脂が気になったら、どんどんあぶらとり紙で取り去ってます。今の僕なら、夕方くらいに1度、人と会う前に1度、これで1日を乗り切れます。

肌のテカりが気になる人は、必ずあぶらとり紙を携帯するようにしましょう。

ドラッグストアやコンビニでも購入できますからね。

 

結論

 

オイルフリーのオールインワンゲルを使ってスキンケアし、テカりが気になってきたらあぶらとり紙で皮脂を拭おう。

 

これが、僕の辿り着いた、『顔のテカりを解決する方法』です。

先ほども言いましたが、皮脂の分泌量は体質や気候によっても違ってきます。

テカりを100%抑える! と気張るよりも、小まめに鏡でチェックして、気になったらあぶらとり紙でとる、くらいが丁度いいんです。

 

ちなみに、テカりが気になるからと言って1日に3回以上洗顔するのは悪手です。

僕もかつては1日に4回洗顔をしていましたが、肌が乾燥するわニキビはできるわで大変でした。

どんなにテカっても洗顔は1日2回までにしましょう。

 

顔のテカりが解消して、女の子に頬をぷにっとされたときは嬉しかったな~

フェイスジェル