ぬらブロ

気になった雑学やライフハックを皆さんとシェアするブログ

「肌が乾燥する」と感じたらやっておきたい"乾燥肌対策"まとめ

f:id:nurahikaru:20171107192401j:plain

肌が乾燥すると様々なトラブルに見舞われます。

乾燥対策は美肌作りの最も重要な基本と言っても過言ではありません。

僕も肌を乾燥させない努力は惜しまずしてきたつもりです。

そこで今回は、一般的な乾燥対策や僕が実践しているモノをまとめてみました。

どれも今すぐできることばかりなので、乾燥が気になる人にはすぐ実践してほしいと思います。

洗顔の注意点

洗顔が乾燥肌の原因になっていることは多いです。

どんなに丁寧なケアをしていても洗顔が間違っていれば乾燥肌は悪化します。

 

熱いお湯・冷たいを使わない

熱いお湯を使うと顔の皮脂を洗い流しすぎてしまい乾燥が加速してしまいます。

逆に冷たい水も肌にとっては刺激となり肌荒れの原因になります。

基本的には30~40℃のぬるま湯で洗顔するのがベターです。

 

洗顔の回数を減らす

洗顔の回数は2回が限度です。

肌を綺麗にしようとして1日に何回も洗顔をする人がいますが、典型的な間違ったスキンケアですので絶対にやらないことをおすすめします。

また、洗顔料を使った洗顔は1日1回で充分です。

朝はぬるま湯だけで顔を洗うようにしたら乾燥肌が改善した、という体験談は多くあります。

 

洗顔料を使わない

洗顔料は肌にとって刺激でしかありません。

皮脂を落としすぎてしまい、顔の乾燥を悪化させてしまいます。

洗顔の目的は、埃などの汚れや余分な皮脂を洗い流すことです。

これらは体温に近いぬるま湯で充分に洗い流すことができます。

乾燥肌の原因の大半は、洗顔料を使った洗顔のしすぎ・洗浄力の強い洗顔料を使っている・洗顔の仕方が間違っている、です。

僕も1年以上洗顔料は使わずに洗顔をしています。

 

タオルで顔を擦らない

水分を拭き取るときは、タオルを優しく押し当てるようにします。

ゴシゴシ擦ると肌を傷つけてしまい、乾燥はもちろんニキビや敏感肌にもなってしまいます。

 

クレンジングの注意点

女性に乾燥肌が多い原因は、メイク&クレンジングにあります。

"やりすぎたクレンジングを"やめるだけでも乾燥肌対策になります。

 

洗浄力の強いクレンジングをやめる

クレンジングは肌を乾燥させる大きな原因の1つです。

洗浄力の強すぎるものは美容にとってマイナスでしかありません。

クリームやミルクタイプなど肌に優しいものを使用します。

クレンジングを変えたら肌質が良くなったという話も多く目にします。

 

ダブル洗顔をやめる

理想はクレンジングせず、洗顔料だけで落とせるメイクを使うことです。

日本人女性のほとんどが乾燥肌を自覚している現在の状況は、ダブル洗顔が一般化していることにあります。

メイクを綺麗に洗い流す意識は重要ですが、その結果、肌を劣化させてしまっては意味がありません。

 

保湿の注意点

間違ったスキンケアは乾燥肌の改善どころか悪化の原因になります。 

 

洗顔後に素早く保湿

どんな洗顔をしても、直後は肌が無防備になるので素早く保湿して乾燥を防ぎます。

5分以内に保湿を開始するのが理想です。

 

化粧水だけでスキンケアしない

未だに化粧水=保湿だと考えている人が多いようですが、化粧水は肌を整えるものであって保湿を目的とした商品ではありません。

成分は殆ど水です。化粧水で保湿をしようとしても大半が蒸発してしまいます。

しかも、肌内部の水分を奪いながら蒸発してしまうのでかなり悪影響です。

化粧水を付けた直後は肌が潤ったように感じますが、そのまま放置していては乾燥を悪化させるだけです。

 

保湿クリームをたっぷり使う

保湿クリームはベタつくからと敬遠する人も多いですが、乾燥対策では最も重要です。

「化粧水は使わなくてもいいけれど、保湿クリームは使え」と断言したいです。

中途半端に使っても意味がないので、商品に記載されている適量よりも多めに使います。

乾燥を感じればその都度、保湿クリームを付け足します。

 

保湿タイプの美容液を使う

どうしてもベタつきが気になる人は美容液での保湿が有効です。

保湿クリームをつける前に使えばより保湿効果を高めることができます。

値段が高いモノも多いの、お金に余裕がある人は良い保湿美容液を使用してください。

 

保湿も擦らない

美容液や保湿クリームを塗るときは肌を擦って傷つけないように注意します。

塗り方は以下の記事を参考にしてください。

肌が弱い人の保湿クリームの塗り方!厳守すべきたった1つのポイント!

 

ボディケアの注意点

顔に比べると体は乾燥を感じにくい部分です。

体に乾燥を感じる場合は入浴方法に問題があります。 

 

熱い湯船に浸からない

熱いお湯は肌の乾燥を加速させます。できれば38度前後の湯船に浸かるのがベストです。

 

擦って体を洗わない

肌全体に言えることですが、擦る行為は肌を乾燥させる原因になります。

タオルやスポンジを使って体を擦っても綺麗にはなりません。

手を使って優しく洗うのが一番安全です。

 

ボディソープは使わない

体の乾燥の原因は、大半がボディソープの使いすぎです。

埃などの汚れや汗はお湯で洗い流すことができます。

デリケートゾーン以外はお湯で洗えば充分です。

 

クリーム or オイルで保湿

ボディケアは範囲も広く面倒ですが、保湿をしっかりしてあげると肌の質や色が変わってきます。

黒ずんでいる箇所は保湿不足が原因ですので、保湿をしっかりしてあげると白い肌が戻ってきます。

体にニキビができやすい人は、ボディソープをやめてしっかり保湿すると改善するかもしれません。

 

日常の注意点

 

汗を放置しない

汗を放置していると肌の水分を奪いながら蒸発してしまいます。

汗をかいたらできるだけ素早く拭き取りましょう。

ふき取るときに擦らないのは基本です。

 

冷暖房は極力避ける

暖房や冷房は肌を乾燥させる代表的な原因です。

扇風機の風も肌の水分を奪っていきます。

夏場の乾燥肌は、ほとんど汗と冷房が原因です。

難しいですが、極力避けることが望ましいです。

 

加湿器を置く

冬場は加湿器があると肌の状態がかなり違います。

寝室だけでもいいので用意したいところです。