読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

数学は中二で卒業しました

29歳独身男のちょっとだけ役に立つ雑記ブログ

他人に期待してイライラする人生は損だという話

雑談・考え方

f:id:nurahikaru:20151130222523j:plain

ボクの彼女は常にイライラしている。電話越しに聞こえる愚痴は止まることを知らない。

彼女は頭が良く要領が良いので、他人に対しても自分と同じレベルを求めてしまう。

例えば、銀行や市役所に行くと「話が遠い」「使えない」「遅い」など、担当してくれた人物の悪口を必ず言う。

担当者を自分に置き換え、自分ならどうするかを考えることで他人の粗を探してしまうのだ。それを直接相手に指摘する。

担当していた人物は余計に焦ってしまったのかもしれない、経験の浅い新人であればパニックになったかもしれない。ミスを連発して彼女を怒らせてしまった。

彼女よりも頭の回転が早い人物はそうそういないだろう。職場で一番仕事ができるタイプの人間だ。2番以下では絶対に満足をしない。

人と関われば彼女の期待通りにならないことの方が圧倒的に多いのだ。コンビニにタバコを買いにいっただけで店員の悪口を1つ持ち帰ってくる。

彼女がイライラする原因は何だろうか?

これは間違いなく断言できる。彼女は人に期待しすぎているのだ。自分と同じような思考や行動を要求しすぎている。

残念ながら、誰もが彼女と同じように考え動けるわけではない。彼女は自分よりも劣る人間がこの世界に沢山いることを理解するべきだ。

ボクはいつも言っている「他人に期待をするな」「誰もがキミのように動けるわけではない」「見下せとは言わないが劣っている人間がいることを覚えろ」

他人が思うように動かないことでイライラすることに意味があるだろうか?

自分ではコントロールできないことで精神的に不安定になるのは大きな損をしている。

彼女はボクの「他人に期待するな」という言葉を頭では理解しているらしいが本質ではまったく理解していない。

「なんでコレができないんだ」「ああすればいいじゃないか」「こうすればいいじゃないか」とその日出会ったその人達に言い続けている。

相手が不真面目な人間ならともかく、彼女に対応している人々は自分の職務を一生懸命に行っているはずだ。

確かにパーフェクトではないかもしれない。70%かもしれない。

彼女には欠けている30%がどうしても許せないのだ。なぜなら彼女の基準で、30%は絶対に欠ることがなく、欠けてはいけないから。

他人の欠陥を指摘せずにはいられない、イライラせずにはいられない、本当に損な性格だと思う。

彼女がイライラしないためには「自分よりも劣っている人間がいる」「期待通りに動いてくれる人間の方が少ない」ということを理解し我慢を覚える必要がある。

我慢は心や時間にゆとりがなければ覚えることはできない。おそらく彼女はゆとりがないのだろう。効率が良く要領が良いから、数時間に色々な行動を詰め込んでしまう。

空いた1時間にスマホの機種を交換しようとするくらいだ。(機種変更には大体1時間以上かかる)当然、店員には効率と早さを求める。期待通りにならなければイライラし担当店員にクレームを付けることになる。

我慢を覚えることが必要だ。他人に期待しない考えが必要だ。

彼女はいつも言う「みんな私をイライラさせる」

イライラさせているのではない、勝手にイライラしているのだと気が付かなければ改善はありえない。

イライラしない自分を作ることはできるが、自分の期待通りに動くイライラさせない人間は作り出すことができない。

彼女は今一度考えるべきだ。相手の欠陥を指摘し苛立ちをぶつけることが本当に自分にとって幸せなことなのか。

担当者が焦っている様子なら「焦らなくて良いですよ」と声をかければ良い、担当者の説明が遠回りをしていると感じるなら「つまり○○ということですか?」と分かりやすく要約してしてあげれば良い。

そのほうがよっぽど気分が良いはずだ。

本当に頭が良い人間なら、他人に期待をしてイライラすることがどれだけ損なことか理解できるだろう。

結論、彼女は馬鹿なのだと思う。

家入さんのツイッターで気がついた、本当の強さは人に期待しない事であると思う件 - 脱貧困ブログ
▲「人に期待しない」という言葉をボクが使うキッカケになったエントリーです。