ぬらブロ

ダメなオトナの雑記ブログ(ライフハック)

湯シャンやるなら必見!ヘアケアブラシの使い方を簡単にまとめてみた!

f:id:nurahikaru:20150130213508j:plain

美しい髪のため、育毛のため

ブラッシングによるヘアケアの仕方を覚えよう!

ヘアケアの基本『ブラッシング』

お風呂に毎日入る。シャンプーを毎日する。という習慣ができたのはここ数十年の話だったりします。

今でこそシャンプーやコンディショナーがヘアケアの基本となっていますが、かつては毎日行うブラッシングこそがヘアケアの基本だったそうです。

 

僕は脱シャンプーを取り入れて2ヵ月経過しているんですが、シャンプーを使わないからには、ブラッシングによるヘアケアが必要不可欠なんですよね。

なのに、やろうやろうと思ってやらなかった。ようやく、ようやくですよ。ヘアケアブラシを購入しました。

Amazonさんで。

 

f:id:nurahikaru:20150130214959j:plain

f:id:nurahikaru:20150130215012j:plain

ヘアケアブラシL SEN-705 R

ヘアケアブラシL SEN-705 R

 

 

ナイロン製の安いものを買ってしまったんですけど、まだヘアケアの仕方、ブラシの手入れの仕方が分からないので、慣れるまでの数週間はこれで良いのかな? と考えています。

まずは正しいブラッシングの方法を学ばなくてはいけない!!

シンプルだけど奥が深い、髪の毛のブラッシングについて調べてみたのでこの記事にまとめておきたいと思います。

 

 

ブラッシングの仕方

さっそく、ブラッシングの基本的なやり方から。

 

1.髪のほつれをとる

毛先から髪のほつれをとっていきます。いきなり根元から始めると、絡まった毛先にブラシが引っかかるので髪にダメージを与えてしまいます。

 

f:id:nurahikaru:20150130215024j:plain

 

2.頭頂部から頭皮に沿って下に

一般的なブラッシング方法です。頭頂部からゆっくりと、頭皮に沿って毛先までブラシを進めていきます。

 

3.生え際から頭頂部に向って

頭皮を引っ張り上げるイメージで、生え際から頭頂部に向けてブラッシングします。

 

f:id:nurahikaru:20150130215045j:plain

 

4.後頭部も忘れずに!

後ろも、生え際から頭頂部に向けてブラッシング!ポニーテールを作るように髪を持ち上げるとやり易いです。

 

f:id:nurahikaru:20150130215059j:plain

 

5.髪の流れを整える(おわり)

最後に髪の流れを上から下に向って整えます。これで完了!

 

「お前の写真じゃ分かりにくいわ!!」という方はコチラのサイトが写真付きで分かりやすいので、どうぞ!http://allabout.co.jp/gm/gc/414800/2/

 

 

ブラッシングの目的

髪についた埃を落とすため

 

自然に抜けた毛を落とすため

 

頭皮を刺激し血行を良くする(薄毛予防にも)

 

皮脂の分泌を促し髪に行き渡らせる(ツヤが出る)

 

頭皮の余分な角質を落とす

 

ブラッシングの目的を一言で表すならば「髪と頭皮のケア」です。

髪の流れを整えることが目的だと思われがちですが、それだけじゃないんですね。

 

『髪と頭皮の汚れを落とす』という目的に関しては、通常の汚れ(埃など)であればかなり取り除くことができます。

真面目にブラッシングしてみると、ブラシに埃が沢山付きます。

 

『頭皮の血行を良くする』ことに関してはマッサージと同じですね。髪に充分な栄養が行き渡るので、薄毛予防にもなります。男性にもブラッシングをオススメしたい理由はコレですね。

是非、これらの目的を理解してブラッシングして欲しいです!

 

 

ブラッシングをするタイミング

入浴前(洗髪前)

 

ドライヤーで髪を乾かした後

 

上記にも書きましたが、ブラッシングで汚れの多くは落ちます。髪のほつれもとれるので泡が立ちやすく短時間でスムーズにシャンプーすることができます。

ドライヤーで髪を乾かした後は、痛んだキューティクルを整える為にブラッシングをします。この場合は、豚毛や猪毛で目の細かいブラシがオススメです。

 

 

 

ブラッシングでの禁止事項

シャンプー中・濡れた髪の状態では使用しない。

※キューティクルが剥がれてしまう。

 

スタイリング剤などはブラッシングでは取れない。

まとめ

ヘアケアブラシは頭皮と髪のケアの為にある。

ブラッシングでだいたいの汚れは取り払える。

毎日丁寧にブラッシングをすべき。

シャンプー前は特にブラッシングするべき。

薄毛予防にもなる。

濡れた髪の状態で使用するのは絶対にNG!!

 

一言でヘアケアブラシと言っても、色々な種類があり、目的によって微妙に形状が違います。

僕の購入した安いヘアケアブラシ(ナイロン)は、マッサージ効果や汚れをとることはできますが、キューティクルを整える、髪にツヤを出す等、髪の毛をケアするには別タイプ(豚毛や猪毛)が必要なようです。

 

ブラシについて調べている際、多くのサイトでは無印良品のブラシをオススメしていました。お値段的にも手頃です。さすが無印、おそろしい子・・・!!

 

ブラッシングは少なからず手間はかかりますが、シャンプーやトリートメントのように補充が必要ないですし、リーズナブルなヘアケアだと思います。

僕も実際やってみましたが、気持良い~~!! 

男女問わず!! やっていない方は、取り入れてみてはいかがですか?

ヌラヌラと光る。