ぬらブロ

ダメなオトナの雑記ブログ(ライフハック)

洗濯後のタオルをフワフワに仕上げる一番手っ取り早い方法

f:id:nurahikaru:20150626213938j:plain

どうも、洗濯物のたたみ方には定評のあるぬら ひかるです。

アナタが毎日使っているタオルはフワフワですか? ゴワゴワで顔や体を拭くとき、痛かったりしませんか?

我が家では毎日ゴワゴワのタオルを使っています。柔軟剤もちゃんと使っているのに、フワフワに仕上がらないんですよね。何でなんだろう?

今回、洗濯物(特にタオル)をフワフワに仕上げるために、最も手っ取り早い方法を調べたので紹介したいと思います。

乾燥機を使う

我が家はドラム式の全自動洗濯機を使っているので、このエントリーも全自動のドラム式洗濯機を前提とします。

単刀直入に言いますと、洗濯物をフワフワに仕上げたいと思ったら。

乾燥機を使うのが手っ取り早いです。

強制的に繊維を起こしてフワフワに仕上げます。

タイミングは脱水直後がベスト

乾燥機を使うタイミングは、脱水直後or洗濯物が完全に乾ききる直前。

どちらの場合も30分ほど乾燥機にかけてください。

乾ききる直前はタイミングが難しいので、全自動で乾燥まで任してしまうのが楽かと思います。この場合、終了後すぐ洗濯物を取り出すようにします。(洗濯機内の湿気が洗濯物に戻ってしまい、フワフワ感が損なわれるため)

ドラム式洗濯機はフワフワに仕上げにくい!?

f:id:nurahikaru:20150626214019j:plain

ドラム式洗濯機は叩き洗いという特徴から、特にタオルはパイル地が寝てしまってゴワゴワになりがち。全自動で洗濯後に乾燥機を使う場合なら熱風で寝た繊維を起こしてくれるのでふんわりしますが、自然乾燥(干す)にすると固くなります。

引用:洗濯物をふんわり仕上げるツボとワザ [洗濯] All About

元々、ドラム式の洗濯機は、フワフワに仕上げることが難しいそうです。

しかも、自然乾燥だけでは固くなってしまう。

フワフワに仕上げるためには、乾燥機の熱風で、寝てしまった繊維を起こしてあげる必要があるのです。

これはもう、乾燥機を使うしかない!

洗濯物をフワフワに仕上げたいのなら、乾燥機を使うのが最も効果的なようです。

以前から、乾燥機を使った時だけタオルの仕上がりが良いことには気付いていましたが、毎日乾燥機を使うことには抵抗がありました。

しかし、フワフワに仕上げる手段としてなら毎日使ってみてもいいかもしれません。ちょっと光熱費が気になるけど・・・(笑)

他にも。

  • 脱水後に洗濯物を10回振り回して形を整えてから干す(タオルに効果的)
  • 柔軟剤は適量使う(少ないのはやっぱダメ)

なども意識してみてください。特に、タオルをバンバンッと振ってから干すのは、乾燥機に掛けた時ほどではありませんが、確実に効果が出ます。

フワフワのタオルを使うのは、やっぱり気分が良いです!

少しでも気持ちよく洗濯物を仕上げて、ハッピーな毎日をおくりたいもですね。

以上、洗濯後のタオルをフワフワに仕上げる為の一番手っ取り早い方法の紹介でした!

参考:洗濯物をふんわり仕上げるツボとワザ [洗濯] All About