ぬらブロ

気になった雑学やライフハックを皆さんとシェアするブログ

腹筋を割りたいなら腹筋だけを鍛えていては意味がないという話

f:id:nurahikaru:20171018202512j:plain

夏前に「腹筋を割りたい!」と思ってから腹筋のトレーニングを開始したのですが、なかなかシックスパックにならないお腹に見飽きてYouTubeのフィットネス動画を見漁るようになりました。

そこで知った衝撃の事実が1つあります。

『腹筋を鍛えるだけでは腹筋は割れない』

えぇぇぇ!!! マジかよぉぉぉ!!!

ってなりましたよ。人間だもの。

話を聞くと、「言われてみれば……」と思うような内容なんですけど、初心者レベルだと、「腹筋を割る=とにかく腹筋を鍛える!!」と考えている人が圧倒的に多いと思います。

僕たちは知る必要がありました。

腹筋を割るには腹筋を鍛えるだけじゃダメだということを!

今回は、僕と同じように腹筋のトレーニングを頑張ったにも関わらず、「割れないやんけ!」と言って挫折してしまった人々の為に、『腹筋を鍛えるだけでは腹筋は割れない』についてシェアしたいと思います。

腹筋を割るためには腹筋を鍛えるだけでは意味がない

まず衝撃の事実からお伝えしなければなりません。

個人差はあれど、全ての人間の腹筋は最初から割れています。

僕を含め、「腹筋よ割れろ~!」と唱えながら腹筋を鍛えていたと思うのですが、腹筋は最初から割れているものです。

いやいやいや、全員の腹筋が割れているはずなのに僕の腹筋は割れてませんけど~? え、なに? 不良品?

と思う人もいるかもしれません。でも大丈夫、腹筋はちゃんと割れているはずです。だって人間だもの。

じゃあなぜ腹筋が割れて見えないのか?

正解は、脂肪があるからです。

腹筋の前にある脂肪が邪魔をして腹筋は割れて見えないのです。

力士の方なんて絶対に腹筋が割れているはずなのに、割れて見えませんよね? あれと同じです。

つまり、割れた腹筋を見せるためにはお腹の脂肪を落とす必要があります。

時間と負荷をかけて腹筋を鍛えても、脂肪が落ちていなければ一切割れて見えません!

どうすれば脂肪は落とせるのか?

脂肪を落としていく方法に関して僕は知識不足なので、専門家が話している動画を紹介するにとどめておきますが、簡単に説明をすると。

  1. 筋肉をつけて基礎代謝を上げる
  2. 食事制限をして摂取カロリーをコントロールする
  3. 有酸素運動をして脂肪を落とす

ということになります。

ご覧の通り、少しだけ複雑です。腹筋だけ鍛えれば良いと思っていた我々からするとやることが多すぎて頭がパンクしそうになります。

脂肪を落とすって面倒くさくて大変なんです・・・

目標を達成するには正しく努力しなければいけない

f:id:nurahikaru:20171018202536j:plain

腹筋を割るって・・・

意外と大変なんです。

ただ腹筋だけを追い込んでいけばムキムキの腹筋が手に入ると思っていた自分を情けなく思います。

食事制限や有酸素運動も含めながら地道にやっていくことが腹筋を割る秘訣だったんですね。

あ、ちなみに女性でお腹周りを引き締めたいと思っている方は腹筋のトレーニングはしない方がいいですよ。お腹の筋肉を鍛えて大きくしたら細くはなりませんから。

痩せなきゃ!くびれ作らなきゃ!と言って慣れない腹筋運動をしている女子は何一つプラスになっていないことを自覚してほしいものです。


今回のエントリーを通じて僕が伝えたかったことは、「腹筋を割るには腹筋を鍛えるだけでは意味がない」ということでした。

同時に、「正しく努力しなければ目標に近づくことはできない」ということも言いたいです。

今回のような勘違いを多くの人がしています。間違った知識のまま努力をしても、それは何の成果も生み出さないのです。

「努力することに意味がある」という人もいますが、僕はそうは思いません。間違った努力は、学ぶ努力を怠った結果だと思うからです。

トレーニングやダイエットに限らず、皆さんには(僕も含めてですが)正しい努力をするための知識を身に着けることを怠らないでほしいと思います。

自分への戒めと同時に、少しでも多くの同志へこのメッセージが届くことを願います。