ぬらブロ

ダメなオトナの雑記ブログ(ライフハック)

フリック入力を短期間で極めるコツ教えます!

f:id:nurahikaru:20150211221029j:plain

せっかくスマホを使っているのなら、フリック入力を覚えてみませんか?

 

皆さんは使ってますか?

フリック入力!

ガラケーのようにダッダッダッ! と連続でボタンを押すやり方(トグル入力)ではなく、スッ…と指を滑らせて入力するアレッ!

スタイリッシュで入力スピードも格段に速いこの方法、使っていない人、そもそも存在を知らない人もいるようですね。むむっ!!

 

実は僕もそうでした。存在を知らなかった。知ったのはiPhoneを購入してから1年半が過ぎた頃!

「フリック入力? なんだそのフリッカージャブみたいな名前!」

↑ こんな感じ、新しいモノに対する嫌悪感丸出し。

 

最初は苦戦しましたよ。ボタンを連打するトグル入力に自信を持っていましたから、慣れ親しんだ方法を捨てるのはプライドを捨てることと同義でした。

でも! フリック入力の方が間違いなく早い、そう確信しながら自分なりのコツを掴んでいきました。

トグル入力よりも未熟なフリック入力の方が速い!?

単純に考えて、フリック入力の方が何度もボタンを押すトグル入力より速いです。

じゃあなんでフリック入力をしないの?

多分、慣れていないから。下手くそなフリック入力よりも、トグル入力のほうが速いと思っている。

もちろん最初はそうかもしれない。でも、数時間意識してフリック入力を使えばトグル入力の速度を超えることは可能だと思います。

 

フリック入力に慣れるコツ!

僕なりのフリック入力習得方を解説したいと思います。

キーワードは「リズム」です!

 

難点は配置を覚えること

フリック入力に苦戦する1番の理由は文字の配置を覚えられないことだと思います。

例えば「る」と入力する時に、『「ら」のところを上にフリックする』ということが瞬間的に分からない。これは慣れるまで仕方ないです。

しかし、そこにはサポートがある。文字をタップした状態で1テンポ待つと、ガイドが出てきます。

 

f:id:nurahikaru:20140618211601j:plain

 

こんな感じ。

1テンポ待つだけで配置はすぐに分かるんですよ。

 

その1テンポが待てない、でも・・・

トグル入力に慣れていると、この1テンポがストレスなんですよね。無心で文字入力ができていたのに、一瞬とは言え考える時間が生まれるのは予想以上のストレスだと思います。遅くも感じますしね。

でも、少し辛抱してください!!

 

ウン、トン、スッ! のリズムを極める

文字をタップ、ガイドが表示される、すかさずフリック!

最初は、この3ステップ、ウン、トン、スッ! のリズムを覚えて欲しいと思います。

これが出来るだけ速いテンポでできるようになれば、自然に文字の配置を覚えるはずです。元々規則的に並んでいるわけですから、覚えようと思えば簡単なんですよ。

 

ここで絶対に意識して欲しいのは、『このテンポで入力すればトグル入力と速度は変わらない』ということ。フリック入力は、遅いように見えて動作が少ないので、慣れていなくてもトグル入力とスピードは変わらないんです。動きが多いぶん、トグル入力の方が速く感じるだけなんです。遅くて苛々する、だからフリック入力が続かない。是非、念頭に置いて欲しいと思います。決して遅くはない。

 

当然、慣れてしまえば圧倒的にフリック入力の方が速いです!

だからこそ、最初、ほんの数日は焦らず我慢してフリック入力を続けてください。

ウン、トン、スッ!! ウン、トン、スッ!!

1週間もあれば慣れる

フリック入力も1週間使い続ければ自然と慣れてきます。練習は必要ないです。メールとかLINEをしながら慣れていけば良い。

僕がフリック入力を始めた時は、面倒くさくてLINEやメールを送る機会が激減しましたけどね(笑) それでも、1週間くらいで慣れてきてフリック入力がストレスに感じないレベルになっていました。

 

早急に極めたい人は…?

練習するしかないですね。メモ帳などを使って入力練習するのが1番だと思いますし、こんなアプリもあるみたいですよ。

 

スピード文字入力フリック上達 〜Flick Text〜

スピード文字入力フリック上達 〜Flick Text〜

  • daisuke nomoto
  • ユーティリティ
  • 無料

 

まとめ

★慣れ親しんだトグル入力も不慣れなフリック入力も速さは変わらない。

★ウン、トン、スッ! のリズムを覚える!

★1週間も続ければストレスは皆無!!(それまでは我慢!)

 

長くても1週間続ければ、長いスマホライフで使える技術を身につけられるわけです。是非チャレンジして欲しいと思います。

今日からアナタも…

フリッカーだっ!!(フリック入力を使いこなす人