読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

数学は中二で卒業しました

自分に役立ったことは皆にも役立つと考え何となく運営しているライフハック系の雑談ブログ。

ニートのローン未払い奮闘記!高額な請求に怯えまくった2日間

f:id:nurahikaru:20150210185234j:plain
ローンにまつわるトラブルの話です。
なかなか無いことだとは思いますが、『こういうこともあるのだ』という意味で参考にしていただければと思います。


札束の海で泳ぎたい。ぬらです、こんにちは。

人生には3つの『さか』があると言います。

上り坂、下り坂、そして……

まさか

我が家の庭で野良猫の住処となっているバイク(400cc)を処分しようと思いまして、某バイク屋さんに電話を掛けました。

引き取ってもらい、手続きも終え、「さあ、バイクともお別れだ!」と思ったら・・・


「ちょっと待ってくださいよぉ~!!」


店員さんが呼び止めるわけです。


「このバイク、本当にアナタのバイクですか?」


えっ……???

思わぬ言葉に足が震えます。

バイクの所有者が僕になっていない

バイクの車検証を見ると『所有者』の欄が某バイク店になっていました。

つまり、僕が所有していることになっていなかったんです。

『使用者』の欄は僕の名前になっていたのですが。。。

所有していないのにバイクを売ることなんてできません。

いったい、何が起きているの!?

考えられるのは、バイクの料金を支払っていない、ということ。


ローンの支払いが完了していない


ということでした。

ローンは6年まえに完済しているはず

バイクを購入したのが20歳。そこから2年間のローンを組んで、22歳で支払いを終えています。

以来、1度も請求や催促をされたことがなく、すっかりローンのことなんて忘れていたわけです。

まぁ、終わったと思い込んでいるので当然ですよ。

しかし、「おそらく支払われていない」と、某バイク店の店員さんは言います。


「アナタの将来に関わります。今すぐ払う意思を見せて、一括で払ったほうが良いです」


目がマジだよ、怖いよ~(涙)

震えて眠る夜

その日は営業時間の都合でローン会社に連絡を取ることができませんでした。

真相は、翌日。

こんなにも不安な夜はないですよ。払い終わったと思っていたローンが実は未払いで、しかも5年以上経っている!!

いくら請求されるのだろう・・・

震えずにはいられませんでした。眠りについても、30分くらいで目が覚める。

眠れない夜を抱きしめながら寒さと恐怖に震えていました。

いざ、ローン会社へ確認を!

営業開始時間の午前9時半、さっそくローン会社さんへと電話をかけます。

「どうなっているんだ!?」「僕はこれからどうなってしまうのだ!?」と。


担当してくれたのは優しい雰囲気のオバ様でした。とても安心します。

いやいや、安心させてガブッと噛み付いてくるかもしれない!

毅然とした態度! 油断は禁物!


「支払いが完了していませんねぇ」


ガーーーン!!!担当のオバ様から衝撃の一言!

覚悟していたとはいえ電話を持つ手が震えます。


「何度か催促状をお送りしているのですが、最後に送ったのが2010年の11月・・・」


2010年!?4年以上前じゃないか!!


「しかし、コチラに返ってきていますね」


返ってきている・・・?

そりゃそうでしょう!

催促状を受け取っていないのだから、僕のところには送られてきていないんですよ!

自分:「いったいどこに送ったのですか!?」


「神奈川県○○市……


オバ様は、僕がかつて1人暮らしをしていたアパートの住所を読み上げます。

もう、そんなところに住んでねぇよっ!!!

何してんだよ~。

催促状が返ってくるとローン会社さんのほうで住民票を確認することができるらしいのですが、、、

僕、住民票移してないんですよ。

えぇ、生まれ育ったマイホームタウンのままなのです。

案の定、ローン会社は僕の存在を確認できなかったそう。

この時点で所在地不明、消息不明・・・


で、以上!!


調べる気もなし!

放置!!!

えぇ!? いいの!? お金に対する執着ないの!? えぇぇ!?


「というわけでお支払いいただけますでしょうか?」


自分:「え、えぇ…もちろん」


簡単に「もちろん」とか答えてますけど、何十万、何百万なんて払えませんよ!

5年以上放置された未払いのローン、いったいどうなってしまっているのか!?


「○○○○○円です」


自分:「え?? あぁ、はい」


「それだけ!?」というのが僕の素直な感想、金額は言いませんが約ローン2か月分でした。

これは『2か月分払えていなかった』という解釈でいいのでしょうか?

そのほかは特になし???

・・・・・・


よかったーーー!!!!


その後、口座番号を教えてもらい、今週中に振り込んでもらえれば大丈夫ということでした。

しかも、某バイク店さんにも連絡してくださるそうで、お店へ出向く必要がなくなる親切ぶり・・・

過去の経験から「お金借し関係の会社は不親切で怖い」と思っていたのですが、担当してくれた方が凄く丁寧な方で助かりました!

色々と反省

まぁ、今回の件に関しては色々と反省する点がありますね。

しっかりと確認!

まず、22歳の僕が記帳をしっかりして、最後まで支払いが済んだことを確認すべきでした。

返済が終わっていないのでは? と聞かれた時に、「間違いなく終わっています」と自信を持って言えなかったですからね。

ローンは、支払いが完了しても連絡が無いことが多いので、自分自身でしっかりと確認をする必要があります。

違和感を覚えたら確認

実際、車検証に書かれた所有者名義が自分になっていないことには気が付いていました。そして、少しだけ不安も覚えていたんです。

バイクのことで違和感があれば某バイク店に確認をとればよかったですね。

そうすればもっと早く済んでいたわけですから。

気になったり心配になったら『確認』をすること。これも大事。

住所の確認

学生さんがローンを組む場合、ローンの返済期間中に引越しをしてしまうと今回のようなケースが起きてしまうのではないでしょうか?

僕は、ローンを組んだ時に実家の住所も書いたと思い込んでいたのですが、そうではなかったみたいです。

学生さんの場合、たとえ成人していても実家の住所と電話番号を知らせておくべきでしょう。

お金を借す側も意外と適当!

今回の件で、ローン会社は意外と執着してこないことが分かりました。

地の果てまで追いかけて請求や催促をしてくると思っていたんですけどね。そうでもないんですね。

とりあえず、今回は何事もなく済みそうで良かったですが、どんな場面でも、自分の目で「確認」をするということ。コレを肝に銘じておく必要があります。

22歳当時の僕はお金に対してムチャクチャだったので、その尻拭いをいまさらさせられるとは思いませんでした。

今の時代、自動引き落としが当たり前となり自分の目で確認せずお金のやり取りをする場面が多いですが、


確認が大事ですよ!確認!


わかってるわっ! とお叱りの声が聞こえてきそう(笑)

まぁ、僕のようなトラブルもあるのだということを頭の隅に残しておいてくれたら嬉しいです。